人気ブログランキング |
<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ディエゴ
アルゼンチン代表監督に、あのディエゴ・マラドーナが就任するとか。

最初にこの話を聞いたとき、止めてくれえ、と思った。

ディエゴの名前は、メキシコW杯をリアルタイムで見た(もちろんテレビですが)オイラにとって、特別な響きを持っている。
だから、アメリカW杯でドーピング追放や、ドラッグ問題や健康問題等ネガティヴな話題で、彼の名前と姿を目にするのは非常につらいモノがあった。

そんなディエゴが、代表監督としてサッカーシーンの第一線に帰ってくるということは、喜ばしいっちゃ喜ばしい。
しかし。
ディエゴに監督が務まるのか?という疑問が、まず思い浮かび、諸手を挙げて歓迎とはいかなくなる。

カルロス・ビラルド氏を副官的なポジションに入れるとのことだが、これも不安解消にはならない。
意見が衝突でもしたら、ビラルド氏を追い出すか、自分が監督を放り投げちゃうだろう。

それに、ディエゴが監督就任したからといって、成績や内容が目に見えて良くなるとは、あまり思えない。
場合によっては、非難に晒されることになる。
アルゼンチンを、代表を、サッカーを愛してやまないディエゴが、サッカーに関してアルゼンチンから非難される。
そんな不幸はないし、そんなの見たくねーよ。

そんなわけで、代表監督就任は止めてほしいと思ったし、監督就任を依頼したAFAは何を考えて居るんだ、とも思った。

けれど。
この記事のディエゴのコメント読んだら、そんなの、どーでもよくなっちゃいました。
こーゆーコメントさせたら、ディエゴに敵うヤツはいないっすね。
やっぱ、ディエゴ最高。
アルゼンチン代表率いて、日本にやってきて貰いたいっす。

(コカイン使用かなんかで、入国出来ないかも?
外交問題になりかねないっすね。
アルゼンチン側から国交断絶言い渡してくるかもしんない)
by ian-70 | 2008-10-31 09:56 | 日記・雑感
引退
モリシが引退、とのこと。
複数紙が報じているらしいので、ほぼ間違いないかと。

個人的にほとんど動揺がない。
驚くくらい冷静ですね。
今シーズンの出場がゼロということで、すでに覚悟していたということはあるし。
クラブへの帰属意識の方が、強いということもあるのかな。

それでも、モリシを敬愛する気持ちは人後に落ちない。
ありがとう、としか言いようがない。
by ian-70 | 2008-10-30 10:37 | セレッソ
左アキレス腱断裂で全治6カ月
GK福元、今季絶望 左アキレス腱断裂

福元選手にはお見舞い申し上げます。
何も考えずに(っても無理かもしれませんが)、ケガを治すことに専心してください。

ものすごくショックであります。
前節の試合の終盤に交代してたので、不安だったんですが。
こんだけの大ケガだったとは。

ベルとしても非常に痛い。
絶対的なGKとして出場していたわけで。
現在のベルのスタイルに必要不可欠な存在であった。
後ろからの声出し指示や、広い守備範囲が、どれほど安定感を与えていたか。

とは言っても、ベレーザ戦は今度の日曜。
細川選手なのか、榎選手なのかわからないけれど、どちらが出てもいいように準備してください。
(次節はサブにGKを入れましょう)
つーても、両GKとも、ベルでは出場がなかったような。
うーむ。

キツいっす。
by ian-70 | 2008-10-29 09:42
逆転負け
えー、セレッソは仙台に逆転負けを喫したそうで。
見に行けていないんですが、ここ一番の大勝負で、ホームで、3-4の逆転負けは、ねーだろう。
一応、数字の上ではまだ可能性はありますが、可能性が0でないだけ、という感じっすかね。

もうこうなると、来季のことを考えざるを得ないっす。
監督はどうなるのか(クルピ氏は退任でしょうし)。
主力選手の去就(シンジは?古橋は?)。
不安だらけですな。

確認したいんだけど、フロントはJ1に昇格したいんだよね?
そうであるのならば、一刻も早く監督を決め、選手の流出を防ぐこと&補強に専念して貰いたいっすね。

また、一からやり直し。
賽の河原で石を積み上げてる、みたいな。
by ian-70 | 2008-10-27 09:44 | セレッソ
ICHI
映画「ICHI」を見に行く。
アレですよ、綾瀬はるかが盲目の女剣士「市」を演じるってヤツです。
「お市の方」って歴史上の人物がいるくらいなんで、「市」が女性であってもおかしくないって、意外と目鱗でありました。

ただ、綾瀬はるかが主演ということで、一抹の不安を抱えつつ。

本編の前に近日公開映画のCMがありまして。
赤い糸」という映画と「櫻の園」という映画。
「赤い糸」の主演の女の子(南沢奈央ちゃんだそうな)の台詞のしゃべり方が、非常にアレでして、一発で脱力感に襲われる。
「ま、新人だし、仕方がないかな、それでもちょっとキツいかなあ」と。

で、本編開始。
主役の市を演じる綾瀬はるかの、一番最初の台詞を聞いて、「南沢奈央並じゃん」と思ってしまったんですよ。
とにかく台詞が上滑りしちゃってる感じ。
これは、かなり致命的でありましょう。
そこはドスの効いた声じゃなきゃいけないはずなのに、その発声はなに?と思うことがしばしば。

あと、盲目という設定上、手で演技しなきゃいけないシーンが多々あるのだが、そこもどーなのよ、と。
難しいのはわかるんだけど、もうちょっとなんとかならなかったのかな。
あまりにおざなりな感じ。

市が手込めされるシーンがあるんですけど(全然エロくないっす)。
汚された市の瞳から涙が一粒こぼれ落ちるっつーシーン。
もう、こーゆー手垢のついた表現方法は十分でしょ。
オイラが物心ついてから、この表現、全然変わってないんですよ。
(この手込めなんですが、市は剣術の達人なわけで。
フツーの男が襲ったとしても、なんとか逃れられるんじゃないの、と思ったんですが、それは言っちゃダメ?)

もう一つ、いちゃもんつけますと。
市の茶髪、どーにかしろ。
これが、全く感覚を狂わせる。
綾瀬はるかだけでなく、メインの役者が時代劇のしゃべり方をしていないので、ただでさえ訳わからないのに、彼女の茶髪で余計におかしくなってしまう。
北野武の「座頭市」はどうなんだ、あれは金髪だぞ、おまけにタップダンスまであるぞ、とおっしゃるかもしれないが。
あれは、『北野武バージョンの「座頭市」』を創るために、ものすごく意図的にそうしてる(はず)。
でも、今作はどうか?
全然、意図的ではないでしょ。
彼女の茶髪に何か意味があるわけではない。

今作では、市の内面を描いてまして。
ま、これはこれでアリかなとは思います。
今までの勝新版にしても、北野武版にしても、市の内面を描くことってなかったわけで。
これまでとの違いをということならば、そういう方向へ、というのはわからなくもない。
わからなくもないのだけれど、個人的に、そっち方面、あんまり興味ないんだよね、ゴメン。

市が女性というアイデアは、ホントめっけものだったと思うんですが。
ただ、如何せん、今の綾瀬はるかではちょっとキツかった。
もっとしっかりした演技力のある女優さんであったなら、と。
もったいなかったっすね。
by ian-70 | 2008-10-25 23:17 | 映画
カレー味のウ○コとウ○コ味のカレー
前協会会長氏。

玉田に腹立つ!川淵キャプテン日本代表に苦言

個人的な感想を持つのは当然であるにしても、それを軽々に発言していい立場かどうか、まだわからないのか。
それも、名指しで批判するかね。

現協会会長氏。

2chの秋春制論議のスレで知った。

Q秋春シーズンは導入されるのか。(回答:安達社長)

これは、犬飼日本サッカー協会より先日突如出たことについてだと思います。我々も
本当に驚きました。実はこの問題は、Jリーグが発足して3年くらいはかなり検討された
問題です。しかし、日本ではどうしても無理だという結論に至りました。
この問題は、サッカー界だけでは考えられないことだと。日本の学校は4月から始まり、
3月に終わります。ではもし春に卒業した新卒選手はどこに所属するのか?どこが所有するのか?
ということが一番大きな問題になりました。その次には、北海道や東北では、仮に試合を
行うときは除雪が出来ますが、では練習はどうするんだ?と。練習のたびに毎回除雪していたら
、時間もお金もかかります。到底無理ということで、一時お預け、お蔵入りになりました。
そしたら、突然今回犬飼会長がおっしゃられて、先日のJリーグ実行委員会で質問も出ました。
しかし、鬼武チェアマンはJとしては一切秋春シーズンは考えていないとお答えになっていました。
時間をかけて考えた結果結論を出しているのでゆるがないと。日本という気候、学校問題からして無理だろうと思っています。

ヴィッセルのサポーターミーティングでの、社長のコメント。
ここから推測されること。
現協会会長氏は、根回し的なことを一切していないし、また、移行に関しての様々な問題になんの解決策も持っていない。
2010年から秋春制に移行したいという寝言を口にしていたときから、そーなんじゃないかと思ってましたが。


日本サッカーの新旧最高責任者がコレっすか、トホホ・・・。
by ian-70 | 2008-10-24 09:57 | 日本のサッカー
いーかげんにしやがれ
香川 真司選手 柿谷曜一朗選手 U-19日本代表メンバーに選出

A代表のW杯予選という公式戦に出場した選手を、下のカテゴリーの代表に選出するかねえ。
今のシンジがA代表に相応しい選手か、とか。
他の監督になったとしても、選ばれるような選手か、とか。
個人的には、どんなもんか、と思っていたりするが。
けれども、とにもかくにも、日本サッカーの最高峰であるところのA代表に選出されているわけで。
協会内でA代表とその下のカテゴリーでの優先順位や選出の基準、決めとけよ。

クラブもクラブで、シンジの体調とかを考えて、ここは蹴るべきだろう。
今年はオリンピックも出場してるわけで。
将来のある若手選手をぶっ壊す気か?と。

なにを考えているのか、全く理解できない。
by ian-70 | 2008-10-21 10:51 | セレッソ
なでしこリーグ 浦和戦
つーことで、なでしこリーグディビジョン1、岡山湯郷ベルvs浦和レッズレディースを見に行ってきた。

なんつーか、試合を振り返るのがちょっと苦痛。
メッタクタにやられた訳ではない。
むしろ、拮抗してたといっていいのではないか、と。
でもねえ、こう、プレーの細かいところがなあ。

スタメンは前節と同じ。
サブメンツも同じ。

気になったのが、プレーの中途半端さ。
リーグ戦も終盤にさしかかり、戦い方はほぼ固まっている。
メンツもほぼ固定されている。
でも。
なぜそこで躊躇する?
と思うことがしばしば。
失点もそんな中途半端さがミスにつながって、という感じ。

ギッタギタにされちゃったら、それはそれで諦めもつくし、反省点も明確になるんだけど。
今日のようなそこそこ競った試合で、避けることが十分可能であったと思われるミスで敗れると、ものすごく疲れるっす。

あと、気になったのが、宮間選手がボールに触れる回数が少なくなっているような。
宮間選手を王様とし、彼女中心のチームにしろとかいうことでは、全然ない。
けれども、宮間選手はボールに触れてナンボの選手であることは間違いないわけで。
(宮間選手が守備面で貢献していないということではない。運動量も豊富だし、ゲームの流れを読むのが抜群で、ここ、というところによく顔を出していますので、誤解しないように)

ボランチ2枚にして守備の安定を図ってもいいんじゃないの、と思わないでもない。
宮間選手に、もう少し攻撃に重心を置いたプレーをさせることがチームの勝利に近づくんじゃないのかな、と。

選手個々で気が付いたこと。
中野選手も上手くなってますねえ。
頼もしいっす。
武者選手と有町選手は、もっと判断を早くしましょう。
その点、加戸選手はためらいがほとんど見られず、オッケーです。
ただし、もっと落ち着き、視野を広く持つように心がけましょう。
中川選手、もっとご飯を食べて、吹っ飛ばされない体を作りましょう。
湯郷ベルの選手の皆さんは、もっと出来る子なんだから、もっと自信を持ってプレーしましょう。

えーい、次だ、次。
by ian-70 | 2008-10-19 22:32
ウズベキスタン戦
なんつーか、焦点がボケてるような試合。
リアリズムに徹するわけでもなく、ロマンに賭けているわけでもない。

選手個々は最大限の能力を発揮しているつもりなんだろう。
でも、チームとしては、選手の能力を100パーセント引き出すことが出来ていない。

ピッチに水を撒いているそうですが。
普段のリーグ戦や練習からやってないと意味がないんじゃないのかな。

サブのFWに巻や佐藤寿人が入っていなかったことを後々知り、びっくりした。
若いFWを使いたいというのはわからなくもないが、W杯予選という公式戦であります。
せめて、どちらか1名は入れておくべきだろ。

シンジについて。
プレーが軽すぎる。
安易に倒れてファールを貰おうとしすぎ。
印象も悪いし、次のプレーに遅れるので、全く意味がない。
やり直し。
by ian-70 | 2008-10-16 14:27 | 日本のサッカー
のっちの衣装がレイザーラモンHGにしか見えなくなってしまったのはオイラだけ?
ファンの人、すみません。
(いちおー、オイラもファンの端くれではありますが)

家に帰ってみると、Amazonから荷物が届いていまして。
PerfumeのDVDが送られてきてました。
そーいや、一ヶ月位前に勢いで、エイヤっと予約してたと思い出す。
発売日前日に届いたことにちょっと驚く。
この前、なんか予約したら、発売日から3日ぐらい遅れて届いたもんで。

で、早速、見てみた。

ステージに登場したときに、タイトルのように思っちゃったんですよ。
そーしたら、その後、延々、それしか思えなくなっちゃいまして。
衣装チェンジまでそれは続きました。

おかしいなあ、アルバムのジャケ写ではそんなこと、思いもしなかったのに。
by ian-70 | 2008-10-15 09:06 | 日記・雑感