人気ブログランキング |
<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
88.7%
サッカー批評の最新刊。
表紙はオシム氏。
コピーは「オシムが教えてくれた」。

オシム氏が倒れる前に、サポティスタ経由でアンケートをやってたそうで。
それによると、オシム監督支持が151人中134人。
支持率、実に88.7%。
これ以上の支持率となると、一昔前の共産主義国くらいじゃないとあり得ない。

こういうアンケートに答える人って、「積極的に支持する人」ではないのかな。
それ以外の、なんとなく支持、なんとなく不支持という人は、そもそもアンケートに答えないでしょうし。
積極的に不支持という人も、わざわざ回答しないか。
だから、ある程度、支持率が高くなることは想像がつく。
この結果が日本のサッカーファン・サポの全体を、正確に反映してるとは思わないけれど。

このアンケートに答える人は、サポティスタを見てる人でなおかつ、サッカー批評を読んでる人。
サポティスタでサッカー情報を収集し、サッカー批評を読んでる人となると、なんつーか、いわゆる「心ある」サッカーファン・サポなんじゃないかと想像してしまう。
そういう人たちがオシム氏のサッカーを支持するのは、わからなくもない。

でも、この高すぎる支持率はイヤですな。

オシム氏が倒れ、その後、岡田氏が監督に就任することになったとき。
いわゆる、「心ある」サッカーファン・サポの人たちは、岡田氏就任に異を唱えるような文章を書いてブログなり掲示板なりに発表した。
このときも、なんかイヤだった。

日本サッカーを日本化する、とオシム氏は言った。
それは、間違っちゃいない。
けど、正しいわけでもない。
オシム氏はA代表の監督であって、日本サッカー全体の監督ではない。
日本サッカーの全てを、オシム氏の目指すサッカーの方向に向けさせようとするのなら、それは越権行為。
でも、「心ある」サッカーファン・サポは、オシム氏のサッカーが正しくて。
A代表だけでなく日本サッカー全体がオシム氏の方向性に沿うことが望ましい。
それが日本サッカーの日本化である、と。

違うだろ。
日本サッカーの日本化は、日本のサッカー界全体で成すべきもの。
オシム氏の日本化を否定するつもりは全くない。
でも、岡田氏による日本化も、当然、あり得るでしょ。
西野氏による日本化も、関塚氏、石崎氏による日本化も。
なんで、オシム氏のサッカーを金科玉条、唯一のモノとみなすのか、全くわかりません。

オシム氏のサッカーが魅力的であったことは認めますし。
岡田氏とオシム氏であれば、そりゃ、オシム氏を選びますよ。
でも、あまりに支持率が高かったので、こーゆー文章を書いてみました。
野党的な性格なもんで。
あー、疲れた。
by ian-70 | 2007-12-14 22:51 | 日本のサッカー
ようこそようこ(古っ)
セレッソについての総括を書こうと思っていたのだが、よくよく考えてみれば今シーズン4試合くらいしか見に行けてなかったりする。
結果だけでアレコレ言うのもなんだし。
適切なバランスと的確な意図を持った補強は不可欠と身に染みたシーズンであったということで。
もちろん、監督選びは言うまでもなく。

で、適切なバランスと的確な意図を持った補強。
湘南ベルマーレより尾亦弘友希選手移籍加入のお知らせ
国見高等学校 白谷 建人選手加入内定のお知らせ
ちょっと前には
日章学園高等学校 黒木聖仁選手加入内定のお知らせ
ってのもあったし。
なんなんだ、このフロントの仕事っぷり。
即戦力左SBに世代別代表のFW、それに日本人ボランチ育成。
適切で、的確で、しかも早い。
なんか、逆に不安になってしまう。

それはそれとして。
ようこそ大阪へ(って、オイラは大阪人でもなんでもないのだが)。
ようこそセレッソへ。
クルピ氏の下、J1へ昇格しようぜ。

もちろん、フルも一緒にな。
by ian-70 | 2007-12-13 17:49 | セレッソ
3回戦制 42試合
つーことで、JFLからロッソ熊本(ロアッソ熊本)とFC岐阜の入会が決定
両クラブの選手・関係者・サポには、おめでとうございます。

来期中にJリーグ加盟全チームから勝ち星挙げることができるのは、ウチだけだっけ?
どうせなら、一番目に達成したいものですな。

で、J2は15チーム。
チェアマンコメントによると、3回戦制となることも決まった模様。
ホームゲーム数については、まだ決まっていないとのこと。
うーん、難しいっすねえ。
フットサルのFリーグみたいに、セントラル方式にしちゃって、「J2フェスティバル(仮)」を開催するとか。
国立競技場で集中開催。
・・・無理ですね、ハイ。

今期の48試合から減るけれど、それでも42試合ですよ。
昇格を逃した要因に、選手層の薄さってのがあったのは間違いないところ。
今年の轍を踏まないよう、フロントはしっかり動くように。
by ian-70 | 2007-12-04 20:01 | 日本のサッカー
人事
山崎が契約満了。
J1での優勝争いとか、J2降格とか、都並氏からクルピ氏へ監督交代とか、様々なことがありましたなあ。

是について。
キャラはホントにサイコーだったけれど、プレースタイルの幅がねえ。
初年度はデータも少なく、チーム戦術も合ってたので活躍できた。
が。
ほとんど左脚しか使えず、ディフェンスが全く期待できないということがバレてからは、完全に狙われていたかと。

山崎については、今期出場ナシ?
都並氏にもクルピ氏にも起用されなかった以上、年齢的なことも考えると、このままウチに居てもキビしいだろう。
悪いプレーヤーとは全く思わないが、これといった売りがなかったような。
是の対極にあるような感じ。

是にしても、山崎にしても、まだまだサッカーを続けるんだろうし。
どっかのスタジアムで会おう是。
by ian-70 | 2007-12-03 19:01 | セレッソ
JFL最終節
セレッソは来期もJ2で戦うことになったわけですが。
そのJ2のリーグ戦、来期は何チームで何試合行うか、まだ決まっていなかったりする。
JFLからJ2への参入チームがいくつになるのか未定だから。
成績でJFL上位4位以内に入って、経営面でパスすれば、晴れてJ2入り。
JFL18チーム中、Jリーグ準加盟チームは、熊本、岐阜、栃木、鳥取の4チーム。

で。JFL最終節が2日に行われまして。
優勝 佐川急便、2位 熊本、3位 岐阜、4位 アローズ北陸、・・・という結果に。→公式
成績では2位の熊本、3位の岐阜がクリア。
3日に審査があって参入チームが正式に決定。

熊本には、ウチにいた副王坊ちゃんやウエミーが在籍。
その他にも元Jリーガーがいまして。
地元のバックアップもバッチリで、スタジアムも申し分ないそうな。

岐阜。こちらも元Jリーガー揃い。
ゴリがいますねえ。
あ、前田でなくて、森山泰行の方。
なつかしー名前ですなあ。
こちらの方は、経営面で不安視されてましたが。
フロントに元サンフレの今西氏がいるんで、なんとかなるんじゃないのでしょうか。

2チーム昇格として、13+2で15チーム。
4回戦としたら、14×4で56試合。
ありえねー。死んじまうよ。
3回戦で14×3の42試合。
今期は48試合だったので、このくらいで抑えてもらいたいところ。
問題はH&Aの原則。
中立地でやっても、お客が入るとは思えない。
今期の成績を元にして、上手いこと半分くらいづつに分けられないもんですかねえ。

明日には決まりますが、両チームのサポ、ドキドキしてるんでしょうなあ。

それはそうと。
ウチといえば、徳さん、古橋とJFLから獲得した選手が大活躍なわけでして。
ようっし、JFLの得点王獲得しようぜ。
えーと、なになに、御給 匠
by ian-70 | 2007-12-02 22:13 | 日本のサッカー
最終節 vs東京V
つーことで、長かったJ2リーグ戦も今節で終了。
セレッソは前節の敗戦で、今シーズン唯一最大の目標であった、一年でのJ1昇格の望みは絶たれていた。

最終節の相手はヴェルディ。
ほとんど昇格が決まってて、J2優勝が懸かってたりする。
目の前でチリチリの胴上げなんかされるわけにもいかねーし。
ということで、久々の長居へ。

しかし、12時キックオフって、J1の試合との絡みもあるんだろーけど、早すぎだろ。
昼メシもまともに食べる暇もなく、15分前くらいにスタに到着。
おお、こんな数の緑サポを長居で見るのは、初めてじゃないのかな。

スタメンや試合経過は公式や他ブログさんでどうぞ。
試合は2-2のドロー。
同じ勝ち点で首位を争っていた札幌が2-1で勝利。
その結果、札幌がJ2優勝、緑は2位。
なんとかチリチリの胴上げは阻止できますた。

後半の出来を前半からやれてたら、と思っちゃう内容。
相手の選手交代が裏目にでて、ウチが息を吹き返したとも言えるけど。
やっぱり、香川は見てて楽しい。
まだまだ成長中で、プレーに軽さが見られるのだが、将来が楽しみですよ。
ジェルマーノと柳沢もいいっすねえ。
小松も悪くなかったが、もっとシュートを打っても良かったんじゃないのかな。

試合終了後、挨拶がありまして。
クルピ氏の挨拶を聞く限り、来期もヤル気ですな(公式で契約合意の発表あり)。
スタ一周でゴール裏にさしかかったとき、古橋に何やら手渡される。
ウチで去就が一番懸念されるのが古橋。
どうなっちゃうのかなあ。

というわけで、ウチの今シーズンは終了。
今シーズンについて思うところは別エントリーにて。
by ian-70 | 2007-12-02 17:33 | セレッソ