人気ブログランキング |
<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
亀は意外と速く泳ぐ
亀は意外と速く泳ぐ」を見る。
最初は「クロ高」を見ようと思って劇場に行ったのだが、立ち見になっていたので変更。
この作品も見ようと思ってたので、まあいいか。

感想。
好きな人は好きなんだろうけど、受け付けない人は全く受け付けないだろうなー。
オイラ?
ビミョー。

なんつーか、狙いすぎ。
わかるヤツしかわかんなくてもいいってスタンス。
そーゆースタンスって、むちゃくちゃキライなんっすよ。
あんまり笑えなかったし。
俳優さんも、なんつーか、ハマってるといえば聞こえはいいが、サプライズはなし。
あー、でも、岡本信人さん、久々に見たな。
あと、上野樹里のナレーションというかモノローグというか、多用しすぎ。

でもねえ、蒼井そら蒼井優ちゃんがいいんだよなあ。
かわいいっす。

ま、チケット代分は楽しめた、かなあ。
by ian-70 | 2005-07-24 19:19 | 映画
完敗
えー、G戦ですが。
4-1で完敗、惨敗。

ま、あっちは優勝を狙ってるチームで、こっちは昨年ギリギリで入替戦回避してチーム再建中。
しかも、主力がケガ&出場停止でベストメンバーから程遠いときては、情状の酌量の余地がないとは言えない。

それにしても、だ。
前半はともかく、後半の××っぷりはなに?
お前ら、万博から長居まで走って帰れ。

あんまり不愉快だったので、4失点したところで帰りました。

コバさん。
この日のスタメンがギリギリであったことは、よくわかる。
しかし、ジョンと黒部のポジションについて、なにかアイデアがあったのだろうか。
ケガ持ちで運動量が厳しい駆動を90分間引っ張らなきゃいけなかったのか。
ケガ&出場停止で選手がいないのなら、いないなりにチームを作ることが必要であっただろうに、残念ながらそれは感じられなかった。
コバさんも監督として進化してってくれよ。

あと、サブに藤本、山城が入っていたけれど。
濱田や中井、千葉あたりはどーなのよ?
こんなスクランブル状態でサブにも入らないって・・・。
お前さんたちは1年目のルーキーでもないわけで。

見ていて、古橋の運動量、ファビの運動量、前田の愚直なまでのプレーが思い出されてしかたがなかったよ。

ま、とにかく次の試合は再びG戦。
今日の試合を反省して、次こそブチかましてやろう是。

って、長居での試合、すでに予定が入っていて、行けないことが確定。
トホホ。
by ian-70 | 2005-07-24 18:05 | セレッソ
忍法帖
河出から出てる山田風太郎「忍者月影抄」を読む。
そーいや、「外道忍法帖」も先週読んだっけ。

まず、第一点。
文庫の背表紙のデザインをころころ変えないように。
あれって、なんか意味があるのかね。
本棚に並んでいても、見た目が非常に悪い。
出版社の事情なんだろうけど、読者には全く関係のない話。
出版してくれるのは非常にありがたいけれど、それはそれ、これはこれ。

先に、外道の方を。
山風のキリシタンモノではお馴染み、クリストファー・フェレイラがこの作品でも登場。
実際のところ、この人が一番インパクトのある人で、他の登場人物の影が薄い。
作者もこの人のキャラクター、すっげー好きだったんだろうな、と。
で、登場する忍者がバンバン死んじゃう。
ホントに強いのかどうかもわからねーよ。
個人的にはもの足りないので、65点。

次、月影の方。
こっちも、もの足りない感が。
最後にどんでん返しでもあるのか、と思っていたけど、そーでもなかったし。
それぞれの忍法は相変わらずエロ度も高く、けっこうグロで好きなんだけどねえ。
こっちも65点。

けっこう辛めの点となってますが、これ山田風太郎作品に限ってのことなんで。

で、問題は続刊のこと。
出るんだよね。

お願いです、出して。
背表紙のデザイン、一冊づつ違ってもいいから。
by ian-70 | 2005-07-19 13:27
川崎戦
得点シーンのみしか映像で見ることができなかったので、なんとも言えないのだけれど。
家本レフェリング炸裂したらしい。
選手に対するペナルティは理由込みで公表されるのに、レフェリーに対するそれは公表しないってのは納得いかねーなあ。
あ、もしかして、レフェリーに対してはペナルティがないとか。
そんなことはないだろうけど、この情報公開の世の中、リーグも考えてくれよう。

試合の結果は3-2で敗戦。
前半の立て続けの失点はいただけない。
こーゆーの、多いような。
それでも、前半の布のダイビングヘッドに、後半のコケのシュートといい、諦めない姿勢が見えるのはいいっすね。

しかし。
是が前半早々にケガで交代。
ファビがイエロー4枚累積。
山崎がレッドで退場。
これに、古橋、前田、柳もケガ。
どーすんだよ、次の試合。

予想
FW ジョン 黒部
MF モリシ コケ 駆動 布 広山
DF トミー ブルーノ 鶴見
GK 吉田
SUB 伊藤 千葉 濱田 ヨネ 徳さん

遣り繰りして、こんな感じ?
トミーはボランチの方が適性があるとは思うのだけれど、信頼感がある分、不安なDFに。
ボランチは布と駆動のベテランコンビ。去年から比べたら段違いに良くなってるはず。
で、サイドに広山、コケ。

個人的には4バックで、
ジョン 黒部
モリシ
布 トミー 駆動 
コケ ブルーノ 鶴見 広山
吉田
4-3-1-2とか、と考えたりするのだけれど、ま、それはないか。

しかも、次の相手が、攻撃が絶好調のガンバ。
ダービーなのね。

しかし、それでもオイラはやってくれると信じてる是。
ブチかましてやらあ。
by ian-70 | 2005-07-19 10:20 | セレッソ
逆境とは
つーことで、逆境ナインを見てきた。

原作マンガは未読。
サンデーの「炎の転校生」とか「燃えるV」はリアルタイムで読んでた。
年齢がバレますね。

で、映画。
よくもまあ、こんなバカ映画を作ったな、というくらい。
もちろんホメてます。
全身全霊でバカが出来るって素晴らしい。

この映画、配役がバッチリ決まってる。
主人公不屈闘志役の玉山鉄二といい、校長役の藤岡弘、、監督役のココリコ田中といい。
ヒロインの堀北真希ちゃん、かわいいっす。

エンディングに「夢をあきらめないで」by岡村孝子が流れてきたときは、ホントに吹き出しました。

映画の内容は、説明してもわかりっこないので、とにかく見に行くこと。

というわけで、個人的には大満足。
唯一の不満な点は、堀北真希ちゃんの着ていた制服があんまりかわいくなかったこと、くらいかな。
by ian-70 | 2005-07-16 21:38 | 映画
無償の愛
えー、サッカーチームを応援するのは、「無償の愛」なんだそうな。
ふーん、初耳だな。

つーかさ、アンタが「無償の愛」で応援しようが、そりゃ勝手だけれど。
他の人、他のサポもそうであるべきだ、みたいなことを無神経に書けるような奴の「無償の愛」なんて、オイラは絶対に信じねーよ。
by ian-70 | 2005-07-15 14:50 | 日記・雑感
新潟戦 前日
さすがにHOT6。
わけもわからぬままに、すでに試合前日。

ちなみに、磐田戦については全く見れてないので、パス。
前半は非常に良かったけれど、後半前田にハットトリックを喰らって負けた、らしい。
ま、そんな試合もあらぁな。

で、新潟戦。
前節出場停止だったジョンが帰ってくる。
いい休みになったと思うので、キッチリやってくれるはず。
予想としては、ジョン・黒部の2トップに、モリシ。
ボランチにトミー、ファビ、右コケ左是。
DFラインはヤナギ、ブルーノ、山崎に、GK吉田。
と、千葉戦と全く一緒。
SUBは徳さん、米山、広山、鶴見、伊藤。
個人的には左コケ、右徳さんとか見てみたいけど、攻撃的過ぎるか。
だったら、右に広山とか。

で、思うのが駆動の不在の大きさ。
ゲームを作れる選手がいない。
今シーズンは安定していただけに痛い。
あとはDF。
コバさんが遣り繰りしてるのが痛いほどわかる。
ブルーノは別として、ヤナギも山崎もなんかもの足りない。

それでも、勝ってくれ、としか言えない。

しかも、見に行けないし。
さすがに2週続けて親戚に不幸は使えねーよ。
こんな日程、誰が考えたんだよ。
by ian-70 | 2005-07-12 14:44 | セレッソ
犬を喰らう  vs千葉
つーことで、ジェフ千葉(←なんか違和感あるんだが)戦にいってきた。
仕事?
えー、親戚に不幸があったってことで。

ゲーム前にヨシトのあいさつがあったらしいが、間に合うわけもなく。
いやさ、こーゆーの、ハーフタイムの人がたくさんいる時にやらね?

スタメン。
2トップにジョン・黒部。
ボランチにトミー&ファビ。
右サイドにコケ。
慎重だったコバさん、怪我人といったこともあってか、大幅にいじってきた。

試合開始。
開始15分くらいは生きた心地せず。
やべーよ。
とにかく凌げ。
あっちの決定力の無さにも助けられ、失点することなく徐々に対応できるように。

後半。
ほとんど試合展開は記憶にない。
とにかく、「スーペル」ファビーニョの美しいシュート(決まったあと、ファビ顔を手で覆ってなかったっけ)。
コケのスルー、それに反応したストライカーらしい黒部のゴール。
それしか覚えていない。

試合全体を通していい内容だったのは、ジェフだったろう。
でも、勝ったのは俺たちだ是、イェーー。

吉田にはホントに助けられた。
一回、とんでもねーミスキックやらかしたけど、不問。
DFではやっぱりブルーノ様サマ。
攻め上がると盛り上がるっす。
山崎、柳も前半は大変だったろうけど、破綻することもなくよくやったなあ。
トミーはもうウチには欠かせない存在。ファビとのコンビが熟成されるともっとよくなる。
ファビ。この日はホントに「スーペル」。守備に攻撃に奔走。
この運動量は半端じゃない。全盛期のモリシ並み。
やっぱり暑いと燃えるのか。
是も、ブラジル三人が揃うと燃える。
彼は左しか使えないとわかってるはずなのに、なぜか相手2人を抜いちゃったりと不思議な選手。
コケは、前半はグダグダ。後半相手が疲れ始めたってこともあってか生きてきた。
もうちょっとスペースを狙う動きをやってもよかったのでは。最大の武器スピードを有効に使うためにも。
ただ、アシストとなったスルーパスはお見事。
モリシは相変わらずの運動量。もうちょっとシュートの意識を見せてほしかったかなあ。
黒部。今日はヤル気ってのは前半から見ててわかった。自身の置かれてる立場からしたら当然なんだけども。
何度か惜しいシュートもあったけれど、決定的となる2点目を決めたことで帳消し。
黒部コールをどんな思いで聴いてくれただろうか。
ジョン。今日は潰され役で大変だったろうなあ、と。
いつの間にかストヤノフと小競り合い。引き離せと叫びまくってましたが、イエロー。
その後、ストヤノフとの接触プレーでまた1枚もらって2枚目退場。ノォー。
あの小競り合いがなかったら注意で済んでたような。
戦う気持ちが前面に出てて悪くなかったんだけども、もったいねー。
あと、中盤で鬼キープが見れたのはちょっとうれしかったり。

コバさん。
なかなかに評価が難しい。
スタメンをいじって、結果を出したことは当然◎。
でも前半の出来は?
前半耐え忍んで、後半勝負ってゲームプランをもっていたのかな?
それとも、ただなされるまま、たまたま相手がはずしまくってくれたのか?
前者だと信じたい。
内容的には、やりたいことが見て取れる気もしたし、それは方向性として間違っていないのでOK。

ジェフはねえ。
確かにいいサッカーしてる。
でもねえ、勝ちたいのか、いいサッカーをしたいのか、よくわからない。
両立できたら、それに越したことはないけれど。

とにかく、久々の長居での試合、2-0で勝利。
やった是、イエェーー
by ian-70 | 2005-07-07 09:42 | セレッソ
宇宙戦争
話題の大作「宇宙戦争」を見てきた。
これで3週連続で映画を見てまして。
一応、セレッソメインのブログなはずなんですが。

で、「宇宙戦争」。
断っておくと、名作と呼ばれてる53年版も見たことないし、H.G.ウェルズの原作も読んだこともない。
でも、原作のオチはなぜか知ってたな。

なんつーか、パニック映画だなあ、と。
惜しむらくは、ホントにパニックだけで、ストーリーがほとんどなかったこと。

なんで主人公の車だけ動くんだ?とか。
宇宙人の兵器の近くだとメカが止まるはずなのに、軍隊の戦車やヘリがフツーに動いてるのはなぜ?とか。
ニューヨークが攻撃されてて、なんでボストンは無事だったの?とか。
ま、疑問点はいくつかあったけど、それはアレだ。
でも、戦闘に巻き込まれた主人公の息子が、説明もなくボストンの母親の家に無事でいたってのは、ご都合にも無理が有りすぎねーか。

子役のダコタ・ファニング。
確かにウマいんだけど。
イヤミったらしいくらい。

トム・クルーズ。
正直な話、あんまりこの役には合ってなかったような。
だって、二枚目なのに、この映画ではほとんど役に立たない親父役。
宇宙人を倒す秘密を見つけるわけでもないし。

監督のスピルバーグ。
古典である原作のオチを、どのように変えて現代にマッチさせるかと期待してた。
意外にも、全然手をつけず。
スピルバーグなりに原作に敬意を表したのかもしんないけれど。
原作(のオチ)を知らない人が見たら、思いっきり肩透かし食らうと思う。

と、散々言いつつも、この映画ケッコー好きかも。
宇宙人の兵器のシルエットや、地球人を攻撃する映像は、なんか好きです。

ちゅーことで、チケット代分は楽しめました。

これで、今年の夏の話題作3作は全部見たな。
それぞれ面白かったっす。
来週は何見ようかな?
って、セレッソの試合見よーよ、オレ。
by ian-70 | 2005-07-02 22:55 | 映画