人気ブログランキング |
<   2005年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧
移籍ネタ
ウチの背番号10、黒部に移籍申し込み話が持ち上がってるとか。

今シーズンのウチの補強の目玉だった黒部。
開幕当初はスタメンで得点もしてたけれど、ジョンの復帰とともにサブに回され、後半交代出場のみというのが最近。
それに合わせるかのように、調子も落としたのか得点もままならず。
出場機会を求めて移籍してきたはずなのに、今の扱いでは納得できないのかもしれない。

移籍を申込んでるのは名古屋と東京(ガス)とのこと。
両チームとも現在はFWで泣かされてる。
黒部としては、コンスタントにスタメン出場が可能と思われるこの申し出にグラッっときても不思議ではない。

しかし、である。
ムダに攻撃陣の層が厚いウチに来たのだから、そのくらいは覚悟の上だったはず。
エースの座もスタメンも確約されていたわけでもあるまい。
スタメン出場できないから、じゃあ他のチームへってのは心情的にわからなくはないが、納得はできない。

確かに今のウチは、黒部を生かし切ってるとは言い難い。
1トップ2シャドーも、ジョンありきである。
でも、ガスにしたって、今から黒部に合わせたチーム作りをするとは思えない。
名古屋は名古屋で、カネに物を言わせて外国人FWを取ってくるだろうし、そうすりゃその外国人FW中心になるだろう。
どのみち、黒部には茨の道。

だいたい、大阪ダービーであんだけチャンスがありながら外しまくっておいて、「話が聞いてみたい」って、どの口が言ってやがるんだ、と言いたくもなる。

現実問題として、ウチとしても放出は考えてないだろう。
中断期間のキャンプで黒部を使うシステムを考えてくると思う。
ジョン・黒部の2トップ見たいし。

ただ、可能性として。
マジョルカが残留したことで、大久保の完全移籍が現実のものとなり。
移籍金2億数千万が入ってきた場合。
そのお金で外国人FWを獲得ってなった場合、ありえなくもないかも。

ま、そうはならないと思うけど。

とにかく黒部には残ってもらいたいところ。
by ian-70 | 2005-05-31 15:41 | セレッソ
竜馬暗殺
QED竜馬暗殺

初めて、この著者の作品を読む。
メフィスト賞受賞者だそうな。

坂本龍馬暗殺の黒幕の推理と、閉ざされた村で起きる殺人事件の解決という2本立て。

感想。
坂本龍馬暗殺については、もんのすごく常識的な黒幕説に終ってるんで、ちょっと拍子抜け。
あの証拠であの結論を導いて、「証明終わり」って自信満々に言われても。
つーか、思うのだけれど、龍馬暗殺に黒幕がいたらどうだっての?
なんか、問題でもあんのか?

殺人事件について。
何故殺人が行われなければならなかったのか、という理由はちょっと面白かった。
全然納得はしねーけど。
この殺人事件だけ、というかその理由を突き詰めていけば、かなり面白い話になったような気がする。

つか、龍馬暗殺の薀蓄部分が、余分だな。
って、この作品の存在否定になっちゃうけど。
龍馬暗殺と殺人事件を、とってつけたように無理矢理絡めたって感じがしますた。

この手のミステリを読むと、いつも思うのだけれど。
探偵役の人物って、ヘンなヤツじゃないといけないというルールでもあるのかな。
この話のタタルはそうヒドくはなかったれど。
同じくシリーズキャラクター?の奈々もねえ。
読んでて、イラッとしませんでした?
オイラ絶対にキライだろうなあ。

あと、殺人事件に巻き込まれたわりには、タタルや奈々に危険が迫るわけでなし。
せっかくの盛り上げるチャンスなのに、みすみす逃してる。

正直言って、期待ハズレ。

アタリのミステリないっすかねえ。
by ian-70 | 2005-05-30 23:55 | 小説
ナビ杯 清水戦
ナビ杯清水戦は3-2で逆転負け、とのこと。
結果しか知らないのでなんとも言えないのだが。
今年のウリは堅い守備だったはずなのに、3失点、しかも逆転っつーのは頂けませんな。

これまでは、チーム戦術、組織を固めるという意味でスタメンを固定していたけれど。
さすがに相手に研究されてきたかな、と。
交代も、ワンパターンではあるし。
あと、疲労ってのも大きいのでは。

幸いなこと(?)に、鹿島が名古屋に敗退したので、グループで2位はキープ。
他のグループ2位の中でも、成績は上から2番目らしい。
もちろん、グループ1位もまだ可能性としては、ある。
残り2試合、ホームでもあるし、とにかく勝って決勝トーナメント進出を決めて欲しいところ。
by ian-70 | 2005-05-30 19:49 | セレッソ
特別な日
今日は5月27日。
某ブログの記述で思い出したけれど、川崎戦の日だったのね。
セレサポ以外にはわかりにくいかもしんないけど。

ウチがリーグ優勝にあと一歩というところまで近づいたのに、結局届かなかった試合。
それが2000年の5月27日の川崎戦。

その日も4万人を越える観客が入っていて、ものすごーくスタジアム中が浮付いていた。
ウチが観客多いと浮き足立つってのは、この試合から、ってイメージがあるな。
ノさんが、興津(だっけ?)にやたら指示してたなあって記憶あり。

と、まあ、思い出してはみたものの。
個人的に、あの日は特別な日だという思いは全くといっていいほど、ない。
だって、ホントに忘れてたもん。
(忘れようとしてたんじゃなく、単純に忘れてた)

そんなヤツはセレサポじゃねー、って言われたら、ああそうですか、すみません、と言うだけですけど。

よーく考えてみたら、確かに、この日以後、のめり込むようになったとは思う。
アウェイにも行くようになったし。
レプリカ買って舞島までサインもらいにいったし。
ゴール裏に勝手にもぐりこんだりしたし。
(最近上記のようなことをしなくなったのは、ただ単に年齢・体力的なものによる。のめり込み度はむしろ上がっていると)
そーゆー意味では、個人的に意味のあった日かもしんない。
でも、のめり込むのは時間の問題だったかもしれないし。
やっぱり特別な日って感じじゃねーなあ。

ま、あれだよ、今度、ウチが初めてタイトル取ったら、その日が特別な日になるってことでいいんじゃないの。
だから、そんなことを(あえて「そんなこと」と言うけれど)思い出して感傷に浸るヒマがあったら、明日の試合のことを考えて応援しようと思う。

でも、今回も日本平には行けないっす。トホホ。
by ian-70 | 2005-05-27 15:14 | セレッソ
CLファイナル
CLファイナルで、リバプールがACミランを倒し21年ぶりに5度目の優勝!

って、見てないんだけどね。

前半3失点を食らうも、後半怒涛の反撃で追いつく!!

って、見てないんだけどね。

延長戦でも決着がつかず、PK戦にもつれ込むが、ドゥデクのダンシングセーブ炸裂!!!

って、見てないんだけどね。

イスタンブールの夜にリバプールサポの「You’ll never walk alone」の大合唱が鳴り響く。

って、見てないんだけどね。


ああ、結局オイラは負け組ですよ。
by ian-70 | 2005-05-26 11:24 | 日記・雑感
予定調和
初めて「エンジン」(笑)を見てしまう。

いやあ、徹頭徹尾のキムタクっぷりに惚れ惚れしちゃったよ、オレ。

しかし、ま、なんですな。
ドラマをほとんど見ない奴が言うのもアレですが。
こんだけ予定調和でいいのかね。
既視感バリバリ。

キムタクが出てるだけで視聴率は確保してるんだろうから、もうちょっとあらぬ方向に走ってもいいんじゃないの。
って、月9とやらを見てる視聴者はそんなの、望んじゃいないんだろうけど。
by ian-70 | 2005-05-23 21:58 | テレビ
代表入り
ツーロン国際大会に出場するU-21代表に、セレッソから千葉とシャケが選出。

U-21日本代表チーム フランス遠征〔第33回ツーロン国際大会(U-21)〕メンバー

おお。
ダミー代表じゃなかったんだな。
うれしーぞ。

このメンバーの中では、経験もある方じゃないっけ。
今シーズンは、両選手とも出番がなかなかねーけど。
背番号も若いし。
中心と考えられてんのかな。

セレッソからディフェンシブなプレーヤーが代表入りするのって、記憶にねーぞ。

相手はフランスに南アフリカ、メキシコ。
なんか身体能力、むちゃくちゃスゴそうなんだが。
まあ、とにかく、一発ブチかましてこい。
by ian-70 | 2005-05-23 21:18 | セレッソ
キリンカップ ペルー戦
昼寝から目を覚まして、テレビを点けるとなんかサッカーの試合をやってる。
代表の試合らしい。
キリンカップって夜じゃなかったの?

そのまま、日曜の昼下がりという一番緊張感のない時間帯にふさわしい?ダラダラとした試合を見ることに。
スタの空気もなんか、アレな感じでしたな。

内容的にそこまでヒドかったとは思わないけれど、この試合の目的はなんだったの?
カップ戦であるから、全力でそれを勝ち取ろうとしたのか。
W杯予選に向けての調整試合だったのか。
どっちつかずだった。

相手のペルーは、ま、そのなんだ。
最後のカウンターも、狙った形のカウンターじゃなかっただろうと。
でも、キッチリ決めるところがエラいです。

まあ、W杯予選が本番なんで、そこでキッチリ勝ってくれたらいいんでしょうけど。
by ian-70 | 2005-05-22 19:56 | 日本のサッカー
勝った、らしい
えー、ナビ杯鹿島戦に1-3で勝った、らしい。
映像は全く見れていないので、アレなんですけど。

ニッカンのスコアを見ると、支配率が鹿島の64%に対しウチが36%。
シュートも、向こうが22本に対しこっちは7本。
思いっきりカウンターっぽい。
いや、カウンター大好きなんで、これはOK。
こっちの方向を究めてほしいと思ってたりする。

ジョン、モリシ、古橋と決めるべき選手がキッチリ決めて、この前の敗戦を断ち切ることができるなんて、やっぱり日々進化してるのか。

予選リーグのもう一つは、清水が名古屋に勝った模様。
このグループで現在2位。
ナビ杯って予選リーグ2位でも決勝トーナメント進出できないかもしんないのね。
チッ。
名古屋、使えねーな。
次節キッチリ清水を叩いてくれると信じてる是。
by ian-70 | 2005-05-21 22:56 | セレッソ
ナビ杯 鹿島戦 前日
リーグ戦は一時中断になったけれど、サッカーは続く。
つーことで、ナビ杯予選リーグ第3節、鹿島戦が明日。
あー、メロン食いたい。

鹿島はケガ人&代表絡みでメンツも揃うかって状態らしい。
気の毒ではあるのだが、容赦はしない、てってー的にやってやるぜ。
調子のイマイチな攻撃陣にとって丁度いい実戦相手だ。
なーんてことを言うと、思いっきり苦杯を喫したりするのがセレッソクオリティ。

で、コバさん、メンツにさほど手を入れることもなく臨む模様。
ま、そうだよな。
ナビ杯はキチンとしたタイトル。
これまで予選突破もままならなかったウチとしては、是非とも決勝トーナメント進出したいところ。
5月の2試合で連勝すれば、ググッと近づく。

若手を使えとか、層を厚くするために使えとか、わからなくもないけれど。
そういうことは、決勝トーナメント進出を決めてからでもいいんじゃないの。

つか、コバさん、良く見てると思うのよ。
ヨネだって、前田だって、トミーだって、いつでも準備OK状態にスタンバイしていたからこそ、認められてチャンスを与えられた。
そして、それを逃さなかったから今があるわけで。

なにが言いたいかってーと、若手・中堅のヤツら、サテで燻ってる場合ぢゃねーだろ、と。

話は戻って、鹿島戦の展望。
先発は変更ないと思う。
うーん、多少の入替はあるかなあ。

しかし、通常状態からしたら多少は見劣りするけれど、そこはやはり鹿島。
なかなか簡単な相手ぢゃねーだろうし。
若手主体で、このチャンスをモノにしようとしてるだろうし。
逆に難しい。

できたら、ウチに対する苦手意識を増幅させるような試合をしたいところ。
ジョン・黒部の2トップも見てみたいっす。
点を取ってほしいっす。
by ian-70 | 2005-05-20 14:01 | セレッソ