人気ブログランキング |
カテゴリ:セレッソ( 246 )
チーム始動
つーことで、ブラジルからホドリゴ・ピンパォンの移籍加入が決まった。
某2chとかで貼り付けられてたブラジルでのプレーを見ましたが。
なかなか、期待できるんじゃないでしょうか。
クルピ氏のお墨付きなんでしょうし。

で。
そのクルピ氏ですが。
当然のように、24日のチーム始動日にはまだ来てません。
まあね、監督の契約は2月1日からだし。
でも、来日は2月3日の予定とか。
どーなってんの?
クラブにお金がなく、少しでも支出を削ろうとしての、苦肉の策なんでしょーけど。
なんだかなあ(阿藤快風)。

ま、デフェンス陣は昨シーズンのメンツがそのまま残っていて、ベースが出来ているんで、大崩れはしないとは思う。
ただ、攻撃面がチト心配。

家長・アドリアーノという主軸が抜けてしまいまして。
アドリアーノが昨季の1トップ3シャドーにフィットしていたかっつーと微妙な気もするが、それでも14得点したわけだし。
あのパワフルさは魅力ではありました。
家長の存在感の大きさは言うまでもなく。

それに対し、今季獲得したホドリゴ、ボギョン、倉田といった面々。
それぞれ良いところは当然あるんでしょうが、フィットさせるには時間がかかる。
クルピ氏は、戦術的に叩き込んでチームを完成させるというよりも、時間がかかっても熟成させるというタイプですし。
ACLもあるので、キャンプで対外試合を多めに行うようですが、それでも間に合うのかな、と一抹の不安。
そもそも、今年も1トップ3シャドー継続なのかどうか。
乾に清武がいるし、ボギョンとかもシャドー出来るらしいので、多分そうなんでしょうけど。
でも、ホドリゴも映像を見る限り、1トップっぽくはないし。
そうすると、1トップはルイか健勇?
若い健勇にはちょっと厳しいし、ルイの1トップはアレだし。
バンさんも龍も1トップって感じじゃない。
FWのメンバーを見ると、ブラジル式の4-4-2(4-2-2-2)なんていうのも思い浮かんじゃうんですが。

あと、ボランチマルチネスの相棒が誰になるのか、というのも。
昨季はアマラウがいて、潰し役としては機能してたんですが、契約更新せず。
ボランチ2枚をブラジル人に使うというのもいかがなものかとは思いつつ。
ACLみたいな荒れるであろう試合にはピッタリなアマラウだったので、いいのかなあ、とは思いました。
でも、強化担当とクルピ氏が話し合ってのことでしょうし。
後釜がコータなのか中後なのか、はたまた蛍や黒木なのかよくわからんけど期待しよう。
アマラオには、(フリーキックを無闇に蹴りたがるという点以外では)感謝してます。

ま、この時期は、こうやってあれこれ想像して、勝手に不安になったりするのが楽しいんですけどね。
by ian-70 | 2011-01-25 11:19 | セレッソ
FC東京戦
BSにて視聴。

アマラウが故障(練習中に清武とぶつかったらしいのだが、両者ともどの程度のケガだったのだろうか?)で、ボランチに羽田が入り、CBには藤本。
あとは、前節と変わらず。

試合。
相手は、サイドを使おうという意図がアリアリ。
とはいうものの、平山の高さを使おうというモノではなく、セレッソの守備陣が集中して守る。
何度かヤバいシーンはあったものの、残念、そこはジンヒョン。
全体的にはFCが支配してるっぽかったけれど、凌ぐことはできた。

石川のスピードにのったドリブルは、やっぱり脅威でありました。

後半、相手が前線からのプレッシャーを強めようとするものの、疲れたのか、セレッソの前線にボールが渡りはじめる。
シンジのドリブルが相手守備陣を切り裂くシーンとか。
交代出場した播戸に良いボールが入ったりとか。
惜しいところまではいくのだが、フィニッシュが決まらず。
特に、ロスタイム、播戸のチャンスは決めてほしかった。
そんなこんなで、スコアレスドロー。

この日のFC東京の出来もあっただろうが、けっこう戦えていた。
やはり、GKのジンヒョンの復帰は大きい。
3点ぐらいは防いでいた。
この試合のMVPだし、今節のベスト11に入るでしょ。
DF陣も集中してた。
モニはさすがだったし、上本も体張ってた(ケガは大丈夫なんだろうか?)
藤本も落ち着いていたと思う。
ボランチに入った羽田が効いていて、マルチネスとのバランスを絶妙に保ってました。
マルチネスは、ちょっと判断が遅くなったシーンが見られたような。
両サイドについては、ちょっと判断保留。
悪かったとも思わないのだが、もうちょっと攻撃に絡むシーンを増やしてほしいところ。
3トップも、そろそろ結果がほしい。
シンジはスパイク変えたら?
交代出場の黒木は、なかなかアグレッシブな姿勢が見れてよかった。
播戸はなあ、アレを決めてこそのFWだろ。

アウェイで無失点ドローで、勝ち点1というのは決して悪くはない。
ないんだけれども・・・。
とにかく、リーグ戦に入るまでの準備期間が足りていない。
アドリアーノ・シンジ・乾の動き方について、今からでも整理すれば、かなりの脅威に成り得ると思うんだけど。
あと、両サイド・ボランチのサポートとか。

まだまだ、辛抱が続くんだろうなあ。
by ian-70 | 2010-03-20 23:14 | セレッソ
ホーム開幕戦
遅ればせながら、感想でも。

ホーム開幕戦がダービーということで、大入り。
やっぱ、満員のスタジアムはいいやね。
あちらのフロントが、キツいお達しを出していたそうで、さしたる混乱もなかった模様。
平松市長のコメントが微妙にセレッソを優先していたので、あちらのサポのブーイングを受けることに。
これは意識的にやっていたのかな。

前節と変わらないスタメン。
ま、クルピ氏だから、変更はないと思ってました。

で、試合。
開始早々、ガンバのパス回しに翻弄される。
こりゃあ、マズいなあ、と思っていたのだが、意外と持ちこたえる。
相手の2トップは上手いんだけど、なぜかシュートに怖さがなかった。
あと、GKの松井が、割と当たっていた。
最初の15分を凌ぐと、こちらの攻撃を見せることが出来るように。
そこそこいい勝負になってきたか、というところで前半終了。

後半。
相変わらず、ガンバのパスワークは素晴らしいものの、なんとなく停滞気味。
連戦で疲れが見える。
一方のセレッソ、だんだんと攻撃の数も増え、前の3人を中心としたカウンターが機能し始める。
もしかしたら、と期待が高まりつつあったところ、明神がミドルシュート。
これを松井がファンブルし、ゴールとなる。
うーん。
キツいっす。
しかし、ここから、であります。
ガンバは押せ押せとはならず、逆にセレッソに波がやってくる。
カウンターから飛び出したアドリアーノが難しいシュートを決めて同点。
セレッソ側のスタンド大盛り上がり。
この後も、カウンターから何度か好機を作り出すものの、精度を欠き、そのまま終了と相成りました。

前節の大宮戦とは全く違う出来でありまして、一週間で、よくここまで盛り返したな、と。
これがクルピ氏の手腕なのか、選手がホーム開幕戦&ダービーで奮起したからなのかは、よくわからない。
けれど、(疲れていたにせよ)ガンバを相手に、ここまで出来れば、自信にもなるだろう。

GKの松井。
明神のシュートが見事であり、非常に難しいボールであったことはわかるのだが、体に当てている以上は、なんとか弾き出して欲しかった。
あのゴール以外は、出来が良かっただけに、もったいない。
DF陣はみんな素晴らしく、集中してた。
特に、モニは、かつての僚友ルーカスを押さえ込み、さすが元代表と思わせるプレー。
上本も羽田も体を張ってました。
ボランチのアマラウも、要所要所で効いてました。
対人に強いというのは、間違いなさそう。
マルチネスは相変わらずの視界の広さ、テクニックで、J1でも十分に通用すると確信。
右サイドの高橋は、運動量があり、結構チャンスに絡んでました。
左は尾亦。右の高橋に比べると、若干物足りなさを感じる。
馬力で押し込むというようなタイプではないので、そう見えてしまいがち、というのは差し引いても、もう少し積極性を見せてくれるとうれしい。
シンジと乾。
ガンバ相手でもそれなりに通用するということはわかった。
ただ、やはり彼らに対する要求は高くなる。
この試合でもゴールを決めることが出来なかった。
決めるチャンスはあっただけに、もったいない。
1本決めることが出来れば、かなり違ってくると思うんだけど。
アドリアーノ。
あのシュートは素晴らしかった。
スピードもあるし、献身的なプレイもやってたし。
連携が深まれば、もっと良くなっていくと期待できる。

バンドと家長は、出場時間が短かったので、ちょっと残念。
ただ、クルピ氏が交代させづらかったのも理解は出来る。

クルピ氏については、まだ判断しかねる部分が多い。
ガンバ戦を、狙ってこういう戦い方に持ち込んだのか、たまたまこのような内容になったのか、よくわからない。
この戦い方にしても、完成形にはまだ程遠いとは思うのだけれど。

連戦で疲れていたとはいえ、優勝候補に挙げられるガンバを相手に1得点で勝ち点1は、評価されてもいい。
次節以降の戦いに、それなりに手応え、弾みがついたんじゃないのかな。
おそらく、次節からキムが復帰となると思うんだけど、この調子でどんどん連携を深めていってもらいたい。
by ian-70 | 2010-03-17 17:47 | セレッソ
開幕戦
えー、とうとう始まりました2010年のJ1リーグ戦。
セレッソはアウェイで、大宮との開幕戦。
結果は、3-0で敗れました。

映像で見ましたが、一言、「準備不足」に尽きるような。
チームの始動が一番遅くて、なおかつ、監督の来日は2月に入ってから。
トレーニングマッチも多くはなかったし、そもそもJ1チームとの対戦がなかった。
大宮についてスカウティングしていたのかも、怪しい。
「一ヶ月もあれば十分」とか言ってたような記憶があるのだけれど、結果がこれではねえ。

フォーメーションは昨年に引き続き、3-6-1。
ただし、スタメンがごっそり変わっていたので、連携はバラバラ。
攻守の切り替えも、完全に向こうの方が上でした。

GKの松井は、どうしてもキムと比べてしまう。
キムに助けられていたのだな、と痛感。
DFは、個々では頑張っていたけれど、組織的とは言えなかった。
左のSHに尾亦。意外と言えなくもない。
ただ、彼がクロスを上げるシーンはなかったような。
あまりフィットしていなかったかな。
右の高橋選手は初めて見たんだけど、悪くなかった。割とハマってたような。
ボランチのアマラウは、よくわかんなかったっす。
FWのアドリアーノのスピードは、なかなか良かったような。
これから連携が良くなってくれば、と期待はできた。
交代で入った播戸。
得点に飢えている、という雰囲気は流石であります。
しばらくは交代出場となると思うんだけど、集中を切らさずやっていってほしい。
シンジも乾もファーストチョイスがドリブル。
この姿勢は良い。
ぜひ続けてもらいたいとは思うんだけど、それが球離れの悪さになっていた部分もあり。
難しいところですな。

で、結局、問題はクルピ氏、ということになってしまうわけですよ。
フォーメーションがどうとか以前に、もう少し連携が取れていれば、もうちょっとマシに戦えていたと思うのよ。
ま、今更悔やんでも仕方がないので、次節、ガンバ戦で巻き返してもらうしかない。
立て直す自信があると宣っている以上、それに期待するしかない。

(でも、フロントは「その時」のことを考えて準備だけはしておいてほしい)
by ian-70 | 2010-03-08 22:11 | セレッソ
移籍とか獲得とか
次節にもJ1昇格が決まるやも、というセレッソ。
その中心選手であるシンジの周辺が喧しい。
オランダのVVVが獲得に動く、とか。
浦和とF東京が争奪戦、とか。

オランダのVVV。
本田で旨味を知った?VVVが、二匹目のドジョウを狙って、と推察されます。
で、シンジの状況。
現在、故障を抱えていて、移籍するまでにケガを治せるかどうか。
それに、今シーズンもほぼ出ずっぱりだったので、オーバーワークも心配。
あと、来年はW杯。
W杯を目指すのなら、コンスタントにクラブでプレーすることが望ましい。
初めての海外移籍だし、チームとシンジのプレースタイルがフィットするのかもわからない。
シンジの海外でプレーしたいという願望は最大限尊重するにしても、今オフに移籍するのはちょっと無謀かと思うんだけど。

国内の争奪戦。
つーか、争奪戦が勃発してたなんて、初めて知りました。
いや、ま、若くて、代表にも選ばれていて、現在J2のクラブに所属、しかも契約は今年で切れる?となれば獲得に動くクラブがあっても不思議ではないけれど。
浦和にしてもF東京にしても、セレッソよりもお金があるのは間違いない。
ただ、ここでもW杯と海外移籍願望が問題となるのではないのか。
国内といえども、移籍は移籍。
最初からレギュラーポジションが用意されているわけはない。
移籍先のスタイルと、シンジのプレースタイルが全くフィットせず、出場できないなんて可能性もあるわけで。
そうすると、やっぱりW杯が遠のく。
また、仮に、海外クラブから正式オファーなんてことがあった場合。
獲得したばかりのクラブが、海外移籍を容認するかどうか。

セレッソ。
まだ、何も決まったわけではないけれど、J1昇格が見えている。
このまま昇格となれば、クルピ氏らの監督・コーチ陣も、余程の事でもない限り契約延長となる。
クルピ氏は、一貫してシンジを中心としたチームを作ってきたわけで。
J1に昇格しても、おそらく、それは変わらない。
コンスタントに1部でプレーできる、ということは、W杯出場を目指すプレーヤーとしては、非常に大きい。
それに、セレッソは、海外移籍に寛容。
西澤、大久保とそれまでの中心選手でも移籍させてきた。
仮に、シーズン途中に、シンジにオファーが来た場合、それも認める方向にいくのではないかと推測。


つーことで、シンジはセレッソと契約することが望ましい、という結論。
by ian-70 | 2009-10-30 10:24 | セレッソ
遅れ馳せながら水戸戦
つーことで、先週の土曜、久々に長居へ。
結果は、まあ、アレですよ。

感じたこと。
個人の能力に頼ってるサッカーだな、と改めて認識。
前線の3人もそうだし、中盤のマルチネスもそう。
マルチネスが交替してから、後半の中盤はグズグズになっちゃった感じ。

確かに、セレッソの選手は、J2では個人の能力が傑出しているだろう。
でも、シーズンも終盤に差し掛かれば、個人能力のみで勝てるわけもない。
相手だって研究し、対応できるようになってくる。

そういう状況でも勝てる何かを持っているか、だと思うんだけど。
今のセレッソにそれがあるのかどうか。
新しい選手の投入?
悪くはないけれど、それだけなら、やっぱり個人能力頼みじゃないのかな。

それと、今の3-6-1?は個人でやることが多すぎる。
前3人も、サイドも、中盤もディフェンスラインも負担が大きいような。
個人的には、オーソドックスな4-4-2にして、シンプルにこれとこれをやる、というフォーメーションに変えた方がいいんじゃないのかな、と思う。

そんな中、マルチネスが半月板損傷でしばらくアウト。
うーん。

それでも、何故か、まだリーグの首位だったりする。
首位ってことは、勝ち続ければ、優勝することができる位置。
来季のことは何も考えず、一戦一戦を戦ってもらいたいっすね。
by ian-70 | 2009-08-27 10:00 | セレッソ
横浜FC戦
つーことで、久々に長居へ行きまして、横浜FC戦を堪能させていただきました。

スタメンに、カイオが入ってまして。
肉離れで1ヶ月ぐらいアウトじゃなかったのか、と。
どこがケガ明けだよ、ってくらい走り回って、シュート打ってました。
これに乾とシンジが絡むと、今のJ2では、ちょっと抑えることは出来ないんじゃないのかな。
中盤は濱田と黒木。
両者とも悪くはなかったような。
黒木は一生懸命さが見えて好感持てます。
濱田のゴールを見れるとは。
相手のアタッカー陣の迫力が乏しいということもあったけれど(失礼)、ディフェンスラインは安心して見てられました。
キムはホントに良いです。
こんだけ安心して見てられるGKはいつ以来でしょーか。

得点は2-0でしたが、あと3点くらいは獲れていたような気がするんですが。
そこがもったいなかったっすね。

と、ここまでは誉めモード。
このブログでは、セレッソについてはヒョーロンカを気取らず、目の前の試合を、勝ったら喜ぶ、負けたら悔しがるという一ファンの目線を基本としてまして。
勝った、勝った、バンザーイとここで終わってもいいんですが。
なんか釈然としないし、スッキリしない。
結局のところ、クルピ氏というか、クルピ氏のチーム作りがよくわからない、というところからきてるのだろう、と。

スタメンを固定し、余程のことがない限り交替しない。
フォーメーションも意固地なくらい3バックを続けてる。
今年の目標はJ1昇格であり、現状では結果を出しているので、文句をつける余地はない。
でも、釈然としない。

今のままでJ1に通用するかを考えてみる。
カイオ・乾・シンジのアタッカー陣はそこそこ通用するかな、とは思うけれど、研究されると厳しいような。
中盤も、マルチネスと羽田であれば悪くはないと思うけれど、それ以外のメンツだと不安。
サイド、石神・シャケの1枚では迫力不足の感は否めず。
ディフェンスラインも、J1のスピード・パワー・テクニックに対応出来るかは、全くの未知。
GKのキムは、個人としては安心できるプレーヤーですが。
よーするに、昇格後を見越したチーム作りが見えない、ということが不安なわけです。

今年の昇格チーム。
広島は昨季圧倒的な成績で昇格したわけですが、あのチームは昇格後を見越したチーム作りと行っていた。
山形はコバさんが監督と言うこともあり、昇格を見越してと言うよりも、一貫して組織的なチーム作りを行っていた。
で、今年のセレッソ。
昨シーズンよりも強くはなってると思うけれど、それってマルチネスやチアゴ、キムの加入という個人の力が加わってのことであって。
決して、組織的に整備された結果、強くなったとは思えない。

クルピ氏ほどの指導経歴のある人でありますので、そんなことは百も承知、なのかもしれない。
昇格したらそれに対応してチームを作るのかもしれないし、その手腕も持っているのかもしれない。
でも、現実問題、昨季、昇格に失敗しているわけでして。
不安はつきまとう。

だれか、クルピ氏に聞いてくれないっすかね?
そーゆーサッカージャーナリストいない?
仮に居たとしても、そんなインタビューにまともにクルピ氏が答えてくれるわけもない、か。

それはそうと。
中盤でボールをさばくカズが見れるとは思わなかった。
長生きしてみるものですな。
by ian-70 | 2009-04-30 10:16 | セレッソ
開幕戦
遅れ馳せながら、開幕戦の感想を。

鳥栖の出来を差し引いても、非常に良かった。
こんだけストレスのない試合って、久しぶりですな。

新戦力がことごとく噛み合っていたのがよろしい。
(GKのキムは、そもそもプレーする機会が少なかったので噛み合っていたのか、よくわからん)
後半、マルチネスがボールを持ってドリブルを始めると、前線の3人と石神が一斉に相手ゴールに向かって走り出すってシーンがあったんですが。
あれはシビれました。
マルチネスは、テクニックはあるし、ミドルは撃てるし、冷静だし、視野は広い、と言うことナシ。
DFのチアゴも落ち着いてて、効いてた。
守備が安定すると、攻撃も活性化するわけで。
新戦力の石神。
開幕戦で初ゴール、いいっすね。
やっぱり攻守に効いてました。

攻撃陣の3名も相変わらずよろしい。
特に乾は良かったなあ。

あんまり目立たなかったけど、ボランチの一人、羽田のバランスの取り方も絶妙でありました。
江添はリーグ戦初得点?だそうで、滅多に見れないシーンが見れました。

と、まあ、この試合に関する限り、あんまりどうのこうの言うことはない。
あえて言うとすれば、監督というかベンチワークの部分。
今シーズンのJ2リーグ戦は51試合という超長丁場。
全試合をベストメンバー・ベストコンディションで戦えるわけがない。
選手層を厚くする必要があるわけです。
この試合のような比較的楽な状況で、選手を交代することは出来なかったものか。
コケみたいなスピードのある選手を終盤に投入すれば、相手はめちゃくちゃイヤだったろうし。
そうすればコケの自信にもなっただろうし。
まあ、そんなこんなです。

長いシーズンが始まりましたな。
by ian-70 | 2009-03-10 09:52 | セレッソ
襟王の帰還
つーことで、西澤選手がセレッソに復帰
喜ばしい。
かつて在籍していた選手が復帰してくれるようなクラブであることは、喜ばしい。
末永く、ウチのキングとして君臨してもらいたい。

これで古橋の契約更改、即戦力GK獲得できれば、なんとかいけそうな気がする~。
by ian-70 | 2009-01-07 16:18 | セレッソ
セレッソいろいろ
セレッソ関係がいろいろ騒がしい。

新外国人選手が2名決定。
例年になく、早い発表。
ボランチ?とディフェンダーらしい。
今年の(も)ウチのウィークポイントであった、守備へのテコ入れということなんですね。
それはそれで楽しみではあるのだが、そーすっとカイオとジェルのうち、どちらかとはお別れに(場合によっちゃ両方の可能性も)。

乾の完全移籍決定。
2chのセレスレでは大騒ぎであります。
見てて楽しいサッカーだったので、個人的にも歓迎であります。
やっぱりサッカー選手は、試合でプレーしてナンボ。
ポジション確保できて、自分のプレースタイルでやらせてもらえた、というのは大きいんじゃないでしょーか。

スポ新情報だけど、平島も獲得らしい。
柳沢の後釜の右サイドバックということなのかな?

その一方で。
トライアウトに山本、千葉の両名が参加とのこと。
千葉。
嘱望されていたんだけどねえ。
でも、トライアウト参加ということはサッカーを続けたいという意思があるわけで。
どこかでプレー続けてほしいし、どこかで対戦してみたいものです。
もっさん。
ウチでもけっこう出場していたと思うんですが。
つーか、リーグ戦の最終戦のGKじゃん。
0円提示されてて、あの試合をプレーしたのか。
わかっていれば、もっさんコールの一つでもしたのに。
なんか切ないっす。

あと、U-18の副島監督と来季契約しないとのこと。
なぜに?
下部組織が活躍した今年、その責任者と契約しないというのは、よくわからない。
どこかの監督に就任とかなんでしょうか。


と、ストーブリーグは始まったばかりなんですが。
なんか、狐につままれたような感じがするのはなぜ。
釈然としないのは、なぜ。

今年昇格に失敗したので、それを取り繕っているように見えちゃうんですよ。
リーグ戦終盤の追い込みやモリシの引退で、昇格失敗についての責任追求がアヤフヤになっていて。
そのまま、サポやファンの目を晦まさんがため、矢継ぎ早に契約しているような。
もちろん、これって思いっきり悪意に満ちた、オイラ個人の偏見であります。
クラブの職員幹部は、来年、昇格を成し遂げるため一生懸命だと思う。

でも、やっぱり今年の昇格失敗についての総括がなされているようには見えないんですよ。
なぜ、今年ダメだったのか。
勝ち点1差で入替戦に届かなかったんじゃなくて、1位広島とは31差もあった、2位山形とは9差あったということですよ。
その反省したのか?

クルピ氏とは早々に続投かという情報が出て、結果そのとおりに続投。
石崎氏とか三浦氏とかと比較検討したか?
用兵面や戦術面だけでなく、氏のコネクション等が必要であったので総合的にクルピ氏を選んだというのなら、それはそれで納得はする。
が、そういう比較がなされたのかが、そもそも疑問なのだ。

ま、サポカンとかこれからあるんでしょうから、そこらへん注目していきたいっす。
by ian-70 | 2008-12-17 10:07 | セレッソ