カテゴリ:スポーツ( 15 )
民放のアナは100万回読め
新潮社の新刊、山本浩著「メキシコの青い空―実況席のサッカー20年―」を購入。
早速読んでみる。

ま、アレですな。
世界陸上の中継をやってるTBSとか。
テレビ朝日の角澤とか。
これ100万回読んで、やり直せ。
[PR]
by ian-70 | 2007-09-01 19:48 | スポーツ
グループリーグ終了
ということで、予想と結果について。
A組
予想:ドイツ、ポーランド
結果:ドイツ、エクアドル
ドイツは順当。エクアドルはいいチームだな。
B組
予想:イングランド、スウェーデン
結果:イングランド、スウェーデン
予想通りっちゃ予想通り。
オーウェンのケガ離脱が、今後どう響くか?
C組
予想:アルゼンチン、セルビア・モンテネグロ
結果:アルゼンチン、オランダ
あっさり結果がでてしまい、ちょっと意外。
セル・モンはモンテネグロの独立で、この名前はこの大会限り。
試合の内容も含めて、ちょっとさみしい。
D組
予想:メキシコ、ポルトガル
結果:ポルトガル、メキシコ
ポルトガルの充実ぶりが目立つ。
メキシコはちょっと苦しいかも。
メキシコ国歌と、それを聞くメキシコ選手のアイーンポーズ?を見ると、ああワールドカップだねえって感じ。
E組
予想:チェコ、アメリカ
結果:イタリア、ガーナ
予想と全く大ハズレ。
チェコはピークを過ぎてしまった。
ガーナはアフリカ唯一の決勝トーナメント進出。
ブラックアフリカのサッカーが好きなオイラとしては、是非ともガンバってほしいところ。
でも、相手が・・・。
F組
予想:ブラジル、日本
結果:ブラジル、オーストラリア
日本代表については、また別に書きます。
オーストラリア、やっぱヒディンク監督は大したもんだ。
G組
予想:フランス、スイス
結果:スイス、フランス
フランスはキビしいねえ。
彼の国でさえ、世代交代って難しいんだ。
H組
予想:スペイン、ウクライナ
結果:スペイン、ウクライナ
スペインの出来の良さ。
もしかするかも?

というわけで、16チーム中、11チーム的中。
番狂わせの少ない大会と言えるんじゃないの。

アジアのチームは全て敗退。
2010年南アフリカ大会のアジア枠が狭められる可能性は大きい。
しかも、オーストラリアがアジアに入ってくるわけで。
どーしましょ。

それはそれとして、今大会。
さすがにベスト16となると、好カードばっかし。
それでも、アルゼンチンの優勝を予想。
どうなることやら。
[PR]
by ian-70 | 2006-06-24 19:10 | スポーツ
予想はよそう
W杯開幕直前ということで、オイラも一つ、大会の予想でもしてみようかな、と。
ありがち?
まあ、いーぢゃん。

グループリーグからいってみよう。

A組。
ドイツ、コスタリカ、ポーランド、エクアドル。
ドイツの1抜けはカタい。
2位争い。 ポーランドかエクアドル、古豪復活でポーランド。

B組。
イングランド、パラグアイ、トリニダード・トバゴ、スウェーデン。
この組もけっこうキビしい。
イングランドの中盤充実ぶりでも、1位と言い切れないような。
けれども、やっぱりイングランド1位、2位に僅差でスウェーデン滑り込み。

C組。
アルゼンチン、コートジボワール、セルビア・モンテネグロ、オランダ。
まさに死の組。
どこが決勝トーナメント進出してもおかしくない。
ということで、オイラの好きなアルゼンチン1位にセル・モン2位としてしまおう。
いや、オランダが嫌いなわけでは、全然ないけれども。

D組。
メキシコ 、イラン、アンゴラ、ポルトガル。
ここは比較的順当にメキシコ1位、ポルトガル2位で。
ホントはイランにガンバってほしいけれど。

E組。
イタリア、ガーナ、米国、チェコ。
何気に、ここも激戦区。
イタリアとて気が抜けない。
しかし、例のスキャンダルが影響してか、1位チェコ、2位アメリカ。

F組。
ブラジル、クロアチア、オーストラリア、日本。
ここは言うだけ野暮。
1位ブラジルに2位日本。
ただし、勝ち点は同じ7で、得失点差による順位。
理由?そんなもんねーよ。

G組。
フランス、スイス、韓国、トーゴ。
地の利を含めてフランス1位、2位はスイス。
韓国?
今大会はヨーロッパで開催されてるんだよ?

H組。
スペイン、ウクライナ、チュニジア、サウジアラビア。
ここも順当にスペイン、ウクライナ。
FWはウクライナが勝るもサイドの強みでスペイン1位。

続いて、決勝トーナメント1回戦。
1試合目、A1ドイツ対B2スウェーデン。
地元開催の強みでドイツが辛くも勝ち抜け。

2試合目、C1アルゼンチン対D2ポルトガル。
撃ち合いを挑むポルトガルなれど、アルゼンチンDF陣が撥ね返す。
逆にポルトガルはリケルメを抑えきれず、アルゼンチンの勝利。

3試合目。
E1チェコ対F2日本。
ベテランのネドベドの出来に左右されてしまいそう。
けれども、なんとなんと、チェコを退け、8強進出するのは日本。
理由?
だから、そんなもんねーよ。

4試合目。
G1フランス対H2ウクライナ。
大会屈指のFW対決なれど、チームの層の厚さで決まり、フランスの勝利。

5試合目、A2ポーランド対B1イングランド。
実力どおりイングランドが危なげなく勝利。

6試合目、C2セル・モン対D1メキシコ。
メキシコが早いパス回しでセル・モンを崩して、メキシコ勝利。

7試合目、E2アメリカ対F1ブラジル。
非常にシステマティックなアメリカが後一歩まで追い詰めるも、そこは王者ブラジル。
なんだかんだ言っても個人技で勝ち抜けちゃう。

8試合目、G2スイス対H1スペイン。
ラウール・ゴンザレス&ホアキン覚醒しちゃってスペイン勝利。

ちょっと疲れたけれど、続ける。
クォーター・ファイナル。
1試合目、ドイツ対アルゼンチン。
高さで勝負仕掛けるドイツなれど、曲者揃いのアルゼンチン、それをすり抜け勝利を掻っ攫う。
地元ドイツはここで力尽きる。

2試合目、日本対フランス。
W杯のクォーター・ファイナルでジダンのいるフランスと戦えるなんて。
疲れたジダンはなんとか抑えたものの、フランスにはアンリがいた。
FWの差で日本、惜しくも敗退。
ちっくしょー。

3試合目、イングランド対メキシコ。
イングランドのハードな当たりで、メキシコお得意のパス回しができず。
押し切ったイングランド勝ち抜け。

4試合目、ブラジル対スペイン。
テクニシャン揃いの両国。
壮絶な撃ち合いの末、今大会初のPK戦までいくが、ブラジルがかろうじて勝ち抜く。

セミ・ファイナル。
1試合目、アルゼンチン対フランス。
ベテランの多いフランス、ここでその影響が出てしまう。
リケルメのパスに切り裂かれ、フランス敗退。

2試合目、イングランド対ブラジル。
やはりハードな当りで寸断しようとするイングランドに対し、個人技で凌ぐブラジル。
しかし、前の試合PK戦まで持ち込まれたブラジル、意外とその影響が大きい。
復活したルーニー、オーウェンを捕まえきれず、ブラジル失点。
そのままイングランドが勝利。

つーことで、決勝はアルゼンチン対イングランドという、因縁対決に。

そのまえに3決。
フランス対ブラジル。
ジダンという稀代の名選手の最終戦に、ブラジルも応え、華々しい1戦。
アンリの得たPKをジダンが決めて、フランス3位。
ジダンとロナウジーニョがユニ交換。

決勝戦。
変わらずハードな当りのイングランドなれど、アルゼンチンも負けちゃいない。
ガツガツとした肉弾戦が展開されるも、試合を決めたのはやっぱりこの人、リケルメ。
美しいスルーパスで得点シーンを産み出す。
結果は2-1でアルゼンチン勝利。
3回目の世界王者に。

MVPはリケルメ。
得点王はアンリとアドリアーノ。

と、こんな感じでどう?
どうって言われても困るか。
意外と番狂わせなしの予想になっちゃったな。
アフリカは最低でも1ヶ国は勝ちあがってくるとは思ってるんだけど。

ま、なんにしても楽しみではある。

それよか、このクソ忙しい中、オイラ、見れるのか?
[PR]
by ian-70 | 2006-06-07 22:23 | スポーツ
「楽しみたい」
オリンピックでもこの手の言葉をよく聞いた。
「雰囲気を楽しみたい」とか。

で、個人的に、この手の言葉を聞くと、痛々しく感じる。
なぜか。
この言葉を発するとき、多分、緊張感やらプレッシャーやらで、全然楽しくないんだろうと、察せられるから。
そういう自分を無理やりにでも楽しむために行くんだ、と言い聞かせてるようにしか聞こえないから。

ホントに楽しみで、ワクワクしてるヤツは、ああいう口調で、ああいう表情になんないだろ。

いつの頃からか、スポーツは「楽しまなきゃいけない」モノになってしまった。
スポーツが楽しいのは、かまわない。
つか、楽しいもんだし。
でも、義務的に、脅迫的に「楽しまなきゃいけない」モノになってしまったら、そりゃ違うだろう、と。

緊張したり、プレッシャーを感じるのは、当たり前のことなんだろうに、それを正直に吐露しちゃマズいのかねえ。
[PR]
by ian-70 | 2006-02-26 10:10 | スポーツ
Vリーグ女子
いろいろ思うところがありまして、和歌山までバレーボールVリーグ女子、JTマーヴェラスvs東レアローズの試合を見に行く。

昔、白浜温泉に行ったことはあるけれど、和歌山市は初めてである。
大阪市内から一時間くらい。
快速の座席の対面にもんのすごいかわいい女の子が座ってラッキー。

試合会場がビッグホエールってところ。
いかにも、ハコモノって感じ。
ここにこんなデカいもの建てていいのか。
いや、有効に活用されてると信じてますが。

思ったのが、運営のぎこちなさ。
ま、仕方がない、とは思う。
正確なところはよく知らないのだが、とりあえずJリーグみたくホーム&アウェイは確立していない模様。
開催する地元のバレー協会が運営にあたるということになるわけで。
当然、運営のプロがいるわけもなく。
なんとも、手作り感あふれるのだが、日本のトップリーグがこーゆーのでいいのか、と思わないでもない。

選手やチームのサイン色紙があたる抽選みたいなのがあったのだけれど、その当選番号を紙で入口付近に張り出せば、そこに人が集まるのは少し考えたらわかりそうなもの。
危ないでしょ。
会場内にビジョンがあるんだから、そこで発表すりゃいいじゃないの。

初めて知ったことが一つ。
テレビでバレー中継を見ていて、タイムアウトや得点の後とかで、電子音の音楽が流れてるじゃないですか。
あれって、各チームの応援団がそれぞれ機材持ち込んで音楽かけてるんですね。
いやあ、知らなかった。
運営者が両方のチームのそーゆー音楽をかけてると思ってました。

ちなみに、この試合を見ようと思ったわけは、菅山かおる姫でも、大山加奈でもなく。
江藤直美選手を見たかったから。
いやあ、ファンなんっすよ。
スタイル抜群っす。
色白いっす。

で、試合。
3-0で東レの勝利。
強烈なスパイクを打てるのがJTだと1枚で、東レの方が2枚。
この攻撃力の差なんではなかろーかと。
2セット目くらいに、JTが追いついて、ここで畳み掛けたら、というシーンが何回かあったけれど、ミスやらでモノにできず。

江藤直美サマもあんまりピリッとしてなかったような。
ま、JT全体がピリッとしてなかったけど。

東レの大山加奈。
確かにパワフルなんだが。
もうちょっと体重を絞った方が、と思ったのはオイラだけ?
体重絞って筋力つけるって方法があるんじゃないのかなあ。

試合自体は、面白かったっすよ。
フツーにお金払って見ても、個人的には全然OK。

ちなみに、この日は2試合ありまして。
第2試合は久光製薬スプリングスvs日立佐和リヴァーレ。
久光の落合選手ってのもキレイな人ッスねえ。
1セット目、接戦の末、日立がもぎ取ったのは燃えたねえ。
というところで、時間的にアレだったので帰りました。

あと、いわゆる実業団的な応援風景があったわけですが。
これが、意外と楽しめちゃったんだよな。
確かに、Jリーグ的な応援の対極にあるわけだけれども。
これはこれで確立されちゃったモノであるんだろーし。

まあ、とにかく生で江藤直美サマの尊顔を拝することが出来たし。
よかった、のかな。
[PR]
by ian-70 | 2006-02-19 23:29 | スポーツ
拡大路線
球界参入:J1新潟社長ら準備組織結成へ

うーん、すげえなあと思うと同時に、大丈夫かと。
プロのバスケットリーグ立ち上げるとも言ってたよな。
成功してほしいと思わないわけではないのだが。

しかし、新潟になにが起こってるんだろ?
[PR]
by ian-70 | 2004-10-01 22:21 | スポーツ
バレーボールネタ
日刊スポのサイトを見ていると。

バレーのメグ、栗原がNECを退社へ

へえ。
よくわからんけど、海外行ってプロになるんでしょうか。
それとも、噂のアノ人を追いかけていくのかな。

ふと思うのだが、バレー選手にとって、日本のバレーボール環境、Vリーグって魅力的なのだろうか?
って、まあ、そんなに魅力的ではないんだろーなあ。
プロ化うんぬんって話がポシャってから、リーグに発展性は見られないし。
オリンピックとメグ・カナ人気でそこそこ注目されたけど、協会とかどーしたいのかねえ。
なんか、どーしていいのかわからない状態に陥っているような。
[PR]
by ian-70 | 2004-09-22 22:22 | スポーツ
男子サッカー 決勝戦
そういや、Jリーグ、今日は試合がないのだが。
ウチの試合だけ日曜だと思ってたんだけど、J1もJ2も全試合日曜開催。
なぜ?

もしかして、今日、オリンピックの決勝で、それに日本が出場するつもりだったので、この日は避けたとか?
まさか、ね。

あ、タイトルの決勝戦ですが。
確かに、アルゼンチンつえーわ。
パスが回る、人が走る。それが90分間続く。
一人一人が上手くて、それでいて戦術に忠実。
ただ、イマイチ、面白みに欠けるような気がしないでもない。
なんつーか、クレイジーというかモンスターというか、そういう存在を見たいのだが。
いかにアルゼンチンといえども、U-23にそこまで望むのは酷か。

相手のパラグアイも、一人目の退場の後の動きが良くなって、期待したんだけど。
さすがに二人退場はキツいよな。

でも、単純に面白かったです、ハイ。

ただ、時間帯もあるんだろうけど、観客の少なさにちょっとガックシ。
前回のシドニーの決勝ではもっと客多くなかったか?
[PR]
by ian-70 | 2004-08-28 21:35 | スポーツ
ウォーター・ガールズ
シンクロのペアは銀メダルだったそうで。

で、朝の「ウォッチ」かなんかで、小谷さんだったかが、体格とかのハンデがあるので、
同じことをやったのではロシアに太刀打ちできない、云々って言ってまして。

そんなもんかな。

つか、一回くらい、ロシアと同じやり方でやってみてくんないかな。
ホントにハンデがあって勝負になんないのかどうか。
正面からぶち当たって負けたところ、見たことないし。
いっつも、違うやり方を選んで負けてるし。

あと、前にも書いたけど、やたら日本らしさを強調する音楽を使うのも、どんなもんかと。
多分、日本チームの思っているほど、審判や観客にウケてないんじゃないかと。
それに、あの日本的な音楽って、外国人向けのいかにもって曲で、果たして出来がいいのかと。
少なくともオイラのまわりにゃ、あんな音楽は流れていない。
たまにゃ、あっちのクラシックの名曲アレンジするとか、あってもいいんじゃないの。

と、見てない奴がほざいてみました。
[PR]
by ian-70 | 2004-08-26 22:57 | スポーツ
大型企画
今回のオリンピックでは男子より女子の選手の方が多かったそうな。
団体の球技で、バレー、ソフト、バスケ、ホッケー、サッカーと5つも出場したのが大きいらしい。
で、この5競技って、みんなトップリーグがあるのね。

オリンピックだけ騒ぐってのも、アレなんで、ヒマとお金があったら見に行こうかな、と思い各競技の協会やリーグのホムペを探す。
もちろんリーグは女子のみ。

まず、サッカー。
サッカー協会Lリーグオフィシャルとなかなか充実。
協会はお金持ちらしく、HPにもそこそこ力入ってる模様。
ちなみに協会のサイトは、年末の解雇選手調べるときに一番見に行ったりしてますな。
Lリーグでは、試合の日程と、会場までの行き方、地図までちゃんと記載あり。
これってけっこう重要なのだ。
ちなみに入場料はただ。
Lリーグは2部制で1部の最下位は降格、2部の1位は昇格。
2部の下はどうなってるのかよくわからん。
参加希望チームはどうすりゃいいの?
シーズン再開は9月。

次、バレー。
協会のほかにVリーグオフィシャルあり。
協会のトップページは、ごちゃごちゃしすぎ。もちっと整理しようよ。
応援ありがとう 全日本女子バレーボールファン感謝デー」というはしゃぎっぷりが、言っちゃなんだけど、痛々しい。
Vリーグオフィシャルも、やっぱり見づらいかな。
知りたい情報がどこにあるのか、わかんねーよ。
試合会場への案内が文字だけ。ちょっと不親切。
体育館自体がどんなとこか全然わからん。
チケ代も、2試合通しチケとか、自由席とかいろいろ。
当日販売のみ?だったり、問合せ先が個人名?だったり。
Vリーグの下にはV1リーグってのがあって、どうも入れ替え戦で昇降格があるらしい。
その下には、実業団の地域リーグがあるらしい。
シーズンは11月から始まるそうな。

バスケ。
協会はものすごあっさり。
こんだけシンプルだと逆に好感もってしまった。
しかし、バスケットボール女子日本リーグ機構(WJBL)へのリンクが張ってあるのだが、つながらない。
オレだけ?
どーなってんの?
つーことで、今回はパス。

えー、ホッケー。
協会のトップページの下の方には、スポンサーやら用具メーカーへのリンクがびっしり。
正直、あんまりお金かかってなさそう。
で、リーグはfリーグというらしい。
なぜ、”f”が小文字なのかは不明。
6チームで全10節。半分の3つは大学。
競技人口からしたらしょうがないのかな。
歴史は意外と新しく97年から。
会場情報は地図つき。でも多分、紙の印刷物を取り込んだみたい。
リーグ再開が9月。

ラスト、ソフト。
協会だけで、リーグのホムペはなし。
女子は3部制。ちなみに男子はトップリーグが東西に分かれてる、らしい。
女子のナショナルチームだけでなく、男子もけっこう強豪らしい。ほお。
これまた、9月からリーグ再開。
会場案内は、会場の電話番号が書いてある分、まだマシ。

ホッケーとソフトについては、チケットというか入場料情報なし。
つか、たぶん入場料はとってない。
公共の施設の場合、有料試合にすると利用料が大きくなって赤字が増えるって話を聞いたことがあるんだけど。

ちなみに、ホッケー協会の今年の予算は8億ちょっとだそうな。
バレー20億くらい。へえ。
バスケとホッケーはどこに載ってるかわからん。
サッカーもどこにあるのかよくわからん。けど、某サッカー誌によると14年度の決算が125億。
うーむ、プロ化とワールドカップの影響は大きい。

つーことで、どこも9月ぐらいからリーグ再開されるんで、近くの人は足を運んでみましょうね。

明日からは、代表選手所属のチームのHP探訪予定。
ホントか、オレ?
[PR]
by ian-70 | 2004-08-25 22:56 | スポーツ