なでしこリーグ 高槻戦
つーことで、なでしこリーグの高槻戦を見てきた。
この試合から宮間復帰とのこと。
フォーメーションがどうなるのか。

で、スタメン。

     松岡
         宮間
有町           井関
     松田 中野
津波古 秋葉 保手濱 壷井
       福元

宮間を前線に置くという。
彼女のシュート力を生かすということなんでしょう。
それと、今シーズンのこれまで作ったチームをあんまりいじりたくないということもあるのかな。

で、前半。
まことにストレスが少なく見ることが出来まして。
サイド攻撃が非常にスムースに展開、そのままシュートに持ち込めることが再三。
FWの松岡が効いてたっすね。
そんなに大きいわけではないけれど、フィジカル勝負ではほぼ負けなし。
ポストもそこそこ出来るし、自分でシュートまで持っていける。
宮間は、相変わらずのテクニシャンぶりを発揮してましたが、やっぱり完全にフィットしているとは言えなかった。
ところどころで微妙なズレがあったような。
圧倒的に攻め続けるものの得点に結びつかず、ちょっとイライラしてきたところ、左サイドからの攻撃から松岡が先制。
ようやく、という感じ。

後半。
相変わらず攻勢に出ているものの、やはり得点まで届かず。
後半の半ば過ぎから、攻め疲れか出足が鈍り、チーム全体も間延びし始める。
松岡→中川千と選手交代があったんですが、これがねえ。
前線のタメがなくなり、ボールの出しどころ納めどころがあやふやになってしまって。
そうこうしてるところで、ディフェンスラインを抜かれて失点。
うーん。
終了間際に猛攻するもゴールは遠く、引き分けで終了。

松岡はそこまで疲れていたようには見えず、残して置いた方が良かったのでは、と思わないでもない。
あと、井関のプレーがやっぱり不明確というかなんというか。
彼女の適正なポジションはどこ?
中野はあまりキレがなかったかな。ボールが足についていなかったような。
松田は好調。運動量があって良かった。
津波古、壷井の両サイドバックも、攻守に貢献してましたねえ。
中川千は、使い方が難しい。
疲れた時にあのスピードは効果的なんだけども、この試合では彼女の軽さの方が目立ってしまった。

で、宮間。
随所で、彼女らしいテクニックも見ることができましたし。
アメリカのプロリーグで揉まれて進化した部分も垣間見れたような。
とは言うものの、やっぱりすぐにチームにフィットは出来なかったかな、と。
これから、もっと良くなるでしょう。

前半でもう1点は取っておきたかったところ。
なんつーか、もったいない試合でした。

余談。
この試合に、なでしこジャッパーンの佐々木監督と阪口夢穂選手が来てました。多分。
[PR]
by ian-70 | 2009-09-13 22:13
<< 「しんぼる」 遅れ馳せながら水戸戦 >>