JFL最終節
セレッソは来期もJ2で戦うことになったわけですが。
そのJ2のリーグ戦、来期は何チームで何試合行うか、まだ決まっていなかったりする。
JFLからJ2への参入チームがいくつになるのか未定だから。
成績でJFL上位4位以内に入って、経営面でパスすれば、晴れてJ2入り。
JFL18チーム中、Jリーグ準加盟チームは、熊本、岐阜、栃木、鳥取の4チーム。

で。JFL最終節が2日に行われまして。
優勝 佐川急便、2位 熊本、3位 岐阜、4位 アローズ北陸、・・・という結果に。→公式
成績では2位の熊本、3位の岐阜がクリア。
3日に審査があって参入チームが正式に決定。

熊本には、ウチにいた副王坊ちゃんやウエミーが在籍。
その他にも元Jリーガーがいまして。
地元のバックアップもバッチリで、スタジアムも申し分ないそうな。

岐阜。こちらも元Jリーガー揃い。
ゴリがいますねえ。
あ、前田でなくて、森山泰行の方。
なつかしー名前ですなあ。
こちらの方は、経営面で不安視されてましたが。
フロントに元サンフレの今西氏がいるんで、なんとかなるんじゃないのでしょうか。

2チーム昇格として、13+2で15チーム。
4回戦としたら、14×4で56試合。
ありえねー。死んじまうよ。
3回戦で14×3の42試合。
今期は48試合だったので、このくらいで抑えてもらいたいところ。
問題はH&Aの原則。
中立地でやっても、お客が入るとは思えない。
今期の成績を元にして、上手いこと半分くらいづつに分けられないもんですかねえ。

明日には決まりますが、両チームのサポ、ドキドキしてるんでしょうなあ。

それはそうと。
ウチといえば、徳さん、古橋とJFLから獲得した選手が大活躍なわけでして。
ようっし、JFLの得点王獲得しようぜ。
えーと、なになに、御給 匠
[PR]
by ian-70 | 2007-12-02 22:13 | 日本のサッカー
<< 人事 最終節 vs東京V >>