湯郷ベルvsTASAKIペルーレ
つーことで、なでしこリーグDiv1第10節、湯郷ベルvsTASAKIペルーレを観戦してきた。
久々っすね。
美作は台風の影響もなく、ピッチコンディションも悪くなさそう。

試合開始前の練習のとき、加戸選手がボール拾いや用具運びをやってまして。
あと、ハーフタイムの抽選会の後、コメントがありまして。
あーゆー声なんっすね。
リハビリ、がんばってね。

この試合、全くメモを取るつもりがなく、記憶だけで書いてますんで。

スタメン。
    中野 中田
      宮間
 松田        田畑
      赤井
杉山 保手濱 城地 安田
      福元

前半は中盤ダイヤモンドの4-4-2。
赤井選手をアンカーに、中野選手をFWに。
最近は、どうもこのフォーメーションでスタートしてるっぽい。
外国人選手のシンチア、初めて見たけれど、そんなに大きいってわけじゃないのね。
相手のTASAKIは省略。
つか、メモってないので覚えていない。

試合開始。
ベルは、やっぱり宮間を中心としたパスワーク主体。
それに対して、TASAKIは徹底的にサイドを突いてくる。
中盤の構成力なら、遜色がない。
けれど、サイドの攻防では、やられっぱなしといっていいくらい。
先制も右サイドを抜かれ、センタリングを見事に決められた。
しかし、連勝中のベルもあきらめず、ストロングポイントのパスワークで攻め込む。
流れがこっちに傾いたかな、と思ったころ。
宮間が、ループ気味の、ミドルを決める。
相手GKが、前に出がちで、この時もそれをよく見てた。
そんなこんなで、前半は1-1で終了。
五分五分ですな。

後半。
チームの勢いが全然違ってきまして。
もちろん、ベルの方が、なんですが。
アンカーの赤井選手を北岡選手に代え、フォーメーションをフラットの4-4-2に変えた?ころから。
(つーても、赤井選手がどーとかいうわけではなく、どーにもTASAKIとの相性が悪かったってのが大きいような)
相手のサイド攻撃もペースが落ちたってこともあるんでしょーが。
面白いようにパスがつながり、相手ゴールに向かい攻め込む。
前半は守備に引っ張られてた田畑・松田が、攻撃でも目立つようになり。
宮間の、フリーキックはバーに弾かれ。
中田のシュートはバーに弾かれ。
中野?のシュートもバーに弾かれ。
と、攻勢が続く。
しかーし。
好事魔多し。
終了5分前くらい?にカウンターを喰らい、それを一発で決められる。
ノォーーー。
急いで攻めかかろうとするが、そこは首位チーム、上手いこと時間を使われ、そのまま試合終了。
悔いの残る試合。

結果論で言えば。
無敗の首位チーム相手に1-1、割り切ってドロー狙うべきだったってことになるんだろう。
けれども、首位を相手にあそこまで押せ押せで、しかもホームである。
観客は勝ちを望んでいたし。
選手も勝ちを狙わないでどーする。
つか、カウンターを決められたことよりも、散々あったチャンスを決められなかったことが、敗因ですね。

良かった点も多々ありまして。
パスがあんだけつながり、攻撃できた点は素晴らしい。
中野選手はFWの方が適性あるのかな、と。
宮間は、なんつーか、セレッソに来ない?

悪かった点は、サイドを攻撃されたときの処理ですね。
あと、サイドバックの攻撃参加もあるといいなあ、なんて。

なんとも、もったいない試合ではあったのだが、悲観することはない。
次、勝ちゃあいいのよ、次。
[PR]
by ian-70 | 2007-07-15 23:41
<< 民放のアナは100万回読め アジアカップ >>