さすが
さすがセレッソ!
俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!
そこにシビれる!あこがれるゥ!


というわけで、都並監督、藤川コーチ、おまけに西村GMが解任
噂のクルピ氏の監督就任が発表されました。

やっぱり、セレッソは、こうでなくっちゃね。
ハハハ。

しかし。
この脱力感はなんなんでしょ。

GMについては、昨年の降格決定時点で辞めていなければならなかった人物。
大久保や下村の引止めに時間を掛け過ぎ、補強は遅れ。
引っ張ってきた外国人FWはプロ経験なし。
おまけに、J2クラブに徳重、ブルーノを差し出すという気前の良さ。
残った選手は若手ばっかり。
若手の育成とJ2優勝で昇格という、むっちゃくちゃ困難なミッション。
それでいて、監督には正直、実績があるとは言い難い人物を引っ張ってきた。
ま、ある意味、当然の帰結ではある。

都並氏。
キャラクターはキライではなかった。
けれど、解任を受けての氏のコメントにもあったように、やっぱり甘かった。
どういうサッカーを目指していたのか、よくわからないまま。
好むと好まざると、若手中心とならざるを得ない状況になり、それでも競争させることで上向きになりつつあったとは思うのだけれど。
どうにもこうにも安定しなかった。
氏も、もうちょっと主張し、自分の方向に沿った選手獲得すべきだったろう。
サイドバックとボランチについては結局定まらないまま。
それでいて、不可解ともいえる、選手に対するこだわり。
やり様によっちゃ、もう少し出来ただろう。

都並氏、藤川氏には礼を申し上げる。
(無理かもしれないが)セレッソをキライにならないでほしい。

しかし、次期監督の来日スケジュールが決まっていないって、どーゆーこと?
次節に間に合うの?
間に合わない場合、誰が指揮を執るの?
社長はいつ辞めるの?
[PR]
by ian-70 | 2007-05-07 22:05 | セレッソ
<< なでしこリーグディビジョン1 ... なでしこ第2節  >>