ベスト8
とうとうW杯も準々決勝。
ドイツvsアルゼンチンという、とんでもない好カード。
地元の大声援をバックにし、今まで見たことのない攻撃的なサッカーするドイツ。
オールドタイプの司令塔リケルメを擁しながら、なぜかモダンなサッカーを展開するアルゼンチン。
これが準々決勝ってのも、もったいねー。

で、試合開始から両方の意地と意地がぶつかり、壮絶な中盤での潰し合い。
美しいサッカー?なんだそりゃってなもんで。
攻守の切替が両方ともはえーはえー。
決定的なシーンはほとんどなかったけれども、ムチャクチャ中身が濃い。
前半、あっという間に終わる。

後半開始早々、アルゼンチンがコーナーキックから先制。
これは大きい。
点を取らなければならなくなったドイツを、のらりくらりとかわすアルゼンチン。
だったんだが。
好事魔多し。
アルゼンチンはGKアボンダンシエリが負傷で交代。
ほぼ同時に、守備ではほとんど役に立っていなかったリケルメも交代。
FWの軸、クレスポまで交代。
その後、クローゼによる同点ゴールを決められる。

90分間でも、延長でも決着がつかず、PK戦によりドイツが勝利。

アボンダンシエリの負傷交代が大きかったのはもちろんだったのだが。
なぜにリケルメを交代させたのか。
守備固めのため、というのはわかるのだ。
けれども、このチームはリケルメありき、で作られたはず。
中心というのなら、心中覚悟でそのままプレーさせるべきだったのでは。
サビオラも、メッシも出場できないまま敗退。
もったいなさすぎる。
つか、オイラの優勝予想、大ハズレ。

ドイツ。
こんなの、オイラの知ってるドイツじゃない。
クリンスマン監督は、同じく監督経験のなかった前日本代表監督とは、かなり違うようだ。
次はイタリアらしい。
またまた濃い試合になりそう。
[PR]
by ian-70 | 2006-07-01 13:23 | 日記・雑感
<< 中田ヒデ 引退? グループリーグ終了 >>