予想はよそう
W杯開幕直前ということで、オイラも一つ、大会の予想でもしてみようかな、と。
ありがち?
まあ、いーぢゃん。

グループリーグからいってみよう。

A組。
ドイツ、コスタリカ、ポーランド、エクアドル。
ドイツの1抜けはカタい。
2位争い。 ポーランドかエクアドル、古豪復活でポーランド。

B組。
イングランド、パラグアイ、トリニダード・トバゴ、スウェーデン。
この組もけっこうキビしい。
イングランドの中盤充実ぶりでも、1位と言い切れないような。
けれども、やっぱりイングランド1位、2位に僅差でスウェーデン滑り込み。

C組。
アルゼンチン、コートジボワール、セルビア・モンテネグロ、オランダ。
まさに死の組。
どこが決勝トーナメント進出してもおかしくない。
ということで、オイラの好きなアルゼンチン1位にセル・モン2位としてしまおう。
いや、オランダが嫌いなわけでは、全然ないけれども。

D組。
メキシコ 、イラン、アンゴラ、ポルトガル。
ここは比較的順当にメキシコ1位、ポルトガル2位で。
ホントはイランにガンバってほしいけれど。

E組。
イタリア、ガーナ、米国、チェコ。
何気に、ここも激戦区。
イタリアとて気が抜けない。
しかし、例のスキャンダルが影響してか、1位チェコ、2位アメリカ。

F組。
ブラジル、クロアチア、オーストラリア、日本。
ここは言うだけ野暮。
1位ブラジルに2位日本。
ただし、勝ち点は同じ7で、得失点差による順位。
理由?そんなもんねーよ。

G組。
フランス、スイス、韓国、トーゴ。
地の利を含めてフランス1位、2位はスイス。
韓国?
今大会はヨーロッパで開催されてるんだよ?

H組。
スペイン、ウクライナ、チュニジア、サウジアラビア。
ここも順当にスペイン、ウクライナ。
FWはウクライナが勝るもサイドの強みでスペイン1位。

続いて、決勝トーナメント1回戦。
1試合目、A1ドイツ対B2スウェーデン。
地元開催の強みでドイツが辛くも勝ち抜け。

2試合目、C1アルゼンチン対D2ポルトガル。
撃ち合いを挑むポルトガルなれど、アルゼンチンDF陣が撥ね返す。
逆にポルトガルはリケルメを抑えきれず、アルゼンチンの勝利。

3試合目。
E1チェコ対F2日本。
ベテランのネドベドの出来に左右されてしまいそう。
けれども、なんとなんと、チェコを退け、8強進出するのは日本。
理由?
だから、そんなもんねーよ。

4試合目。
G1フランス対H2ウクライナ。
大会屈指のFW対決なれど、チームの層の厚さで決まり、フランスの勝利。

5試合目、A2ポーランド対B1イングランド。
実力どおりイングランドが危なげなく勝利。

6試合目、C2セル・モン対D1メキシコ。
メキシコが早いパス回しでセル・モンを崩して、メキシコ勝利。

7試合目、E2アメリカ対F1ブラジル。
非常にシステマティックなアメリカが後一歩まで追い詰めるも、そこは王者ブラジル。
なんだかんだ言っても個人技で勝ち抜けちゃう。

8試合目、G2スイス対H1スペイン。
ラウール・ゴンザレス&ホアキン覚醒しちゃってスペイン勝利。

ちょっと疲れたけれど、続ける。
クォーター・ファイナル。
1試合目、ドイツ対アルゼンチン。
高さで勝負仕掛けるドイツなれど、曲者揃いのアルゼンチン、それをすり抜け勝利を掻っ攫う。
地元ドイツはここで力尽きる。

2試合目、日本対フランス。
W杯のクォーター・ファイナルでジダンのいるフランスと戦えるなんて。
疲れたジダンはなんとか抑えたものの、フランスにはアンリがいた。
FWの差で日本、惜しくも敗退。
ちっくしょー。

3試合目、イングランド対メキシコ。
イングランドのハードな当たりで、メキシコお得意のパス回しができず。
押し切ったイングランド勝ち抜け。

4試合目、ブラジル対スペイン。
テクニシャン揃いの両国。
壮絶な撃ち合いの末、今大会初のPK戦までいくが、ブラジルがかろうじて勝ち抜く。

セミ・ファイナル。
1試合目、アルゼンチン対フランス。
ベテランの多いフランス、ここでその影響が出てしまう。
リケルメのパスに切り裂かれ、フランス敗退。

2試合目、イングランド対ブラジル。
やはりハードな当りで寸断しようとするイングランドに対し、個人技で凌ぐブラジル。
しかし、前の試合PK戦まで持ち込まれたブラジル、意外とその影響が大きい。
復活したルーニー、オーウェンを捕まえきれず、ブラジル失点。
そのままイングランドが勝利。

つーことで、決勝はアルゼンチン対イングランドという、因縁対決に。

そのまえに3決。
フランス対ブラジル。
ジダンという稀代の名選手の最終戦に、ブラジルも応え、華々しい1戦。
アンリの得たPKをジダンが決めて、フランス3位。
ジダンとロナウジーニョがユニ交換。

決勝戦。
変わらずハードな当りのイングランドなれど、アルゼンチンも負けちゃいない。
ガツガツとした肉弾戦が展開されるも、試合を決めたのはやっぱりこの人、リケルメ。
美しいスルーパスで得点シーンを産み出す。
結果は2-1でアルゼンチン勝利。
3回目の世界王者に。

MVPはリケルメ。
得点王はアンリとアドリアーノ。

と、こんな感じでどう?
どうって言われても困るか。
意外と番狂わせなしの予想になっちゃったな。
アフリカは最低でも1ヶ国は勝ちあがってくるとは思ってるんだけど。

ま、なんにしても楽しみではある。

それよか、このクソ忙しい中、オイラ、見れるのか?
[PR]
by ian-70 | 2006-06-07 22:23 | スポーツ
<< クロアチア戦 GOAL! >>