川崎戦
1-0で敗戦。
内容は悪くなかっただけに、勝ち点が欲しかった。

是が故障で外れ、4バックのメンツが山崎、ブルーノ、柳、藤本。
山田の1ボランチに、古橋、徳重、モリシ。
2トップに柿本、ジョン。

出足がよく、ボールに対する執着もあり、前半は拮抗、というか若干押し気味。
古橋が何回か惜しいシュートを放つものの、得点できず。

後半も、悪くない。
やはり惜しいシュートも何本かある。
先制点が取れたら、これはいけるかもと淡い期待をもった頃。
一瞬、コースを空けてしまい、そこに見事なシュート。
この後、惜しいシーンが何回かあったが実らず、そのまま敗戦。

何回か危ないシーンはあったが、それでも失点しなかったのは、ツキがあったのだろう。
そのツキを活かせせなかった。

ジョンにしても古橋にしても、気迫が感じられたし、プレー自体は良かった。
山田もモリシも運動量は相変わらずで、非常に効いていた。
このメンツの4バックは初めてなんだろうけれど、それほど破綻することもなかった。
ただ、得点ができなかった。

終わってしまった以上、どーのこーの言っても仕方がない。
今後のことである。
W杯をはさんで2ヶ月ほどの中断があるわけで。
これをいかに有効に使うか。

塚田さんが4バックを継続するというのなら、それに見合った選手の獲得は必至か。
ピンゴはキビしいし、是もサイドバックとしてはモノ足りない。
是はキャラクター的に惜しいのだが、切ってでも本職もサイドバックがほしい。
あとはゲームを作れるボランチか、決定力のあるFW。
決定力のあるFWは、もしかしたらスペインからヤツが帰ってくるかもしんないけど。
早々に獲得し、早々にキャンプに入って、システムを確立させないと。
間に合うかどうか不安ではあるが、それでもやんなきゃしょーがあんめえよ。

若手で起爆剤になってくれるようなヤツが出てくれるといいのだがなあ。
[PR]
by ian-70 | 2006-05-07 18:43 | セレッソ
<< 代表選考と、それにまつわるエトセトラ 川崎戦前日 >>