インタビュー
オリムピックの話。
ほとんど見てないっす。
つーかさ、ホントに盛り上がってる?
テレビ各局は盛り上げようと躍起になってるけれど、その盛り上げ方も、けっこうおざなりな感じ。
山ほどいるメダル候補(メダル何個獲得できるの?)に、芸能人、元選手のキャスター。
いつものオリムピックの風景で、かなーり食傷気味。

で、本題
モーグルの上村選手。
ま、勝負事であるからして、勝つ奴がいれば負ける奴もいるわけで。
結果はアレで、残念ではある。

それはそれとして。
試合後の彼女のインタビューを見たのだが、なんか壁を感じたのはオイラだけなんだろーか。
上村選手といえば、そのルックスで人気抜群なわけですが。
なぜか、オイラはそこまでグッとくるものがない。
もちろん、メチャメチャ、カワイイってのはわかってるけれど。
なんでかなあ、とつらつら考えてみるに、彼女のインタビューにあるんじゃないのかな、と。

彼女はとてもメディア対応が上手である。
優等生と言っていいくらい。
モーグルの第一人者であるってこともあるだろう。
モーグルをもっとメジャーにしたいって思いもあるだろう。
また、インタビューのコメントも、非常に真摯なものである。

けれども、ホントのホントのところは上手くかわしてる。
ここまでってラインがあって、そこからは一歩たりとも踏み入らせない。
その上手さ加減が見て取れるのが、オイラにある種の拒否反応を示させるのだ。

サッカーの中田がインタビュー嫌いで有名ですが。
彼はもっと直情なんだろう。
テキトーにそれらしく答えておくってことが出来ない。
だから、しょーもない質問にはガマンできず、インタビューそのものから遠ざかってしまってる。
それは、幼い、といってしまえるのかもしれないが、個人的には非常に人間臭くて、好きなキャラクターだったりする。

で、上村選手。
彼女のインタビューは、非常に正しい。
試合後、ああいうインタビューで、個人の感情を全面に出すべきではないのだろう。
けれど、けれど。
なんか、もったいないと思うのだ。

別に泣いてもかまわないのに。
[PR]
by ian-70 | 2006-02-13 10:47 | 日記・雑感
<< 今週の相棒 風刺の自由 >>