今更ながら、天皇杯
天皇杯のクォーターファイナル、セレッソが3-1で勝利。
今年最後のタイトルへ、あと2つに近づいただけでなく、今季勝てなかった相手、リーグ優勝をさらわれた相手に勝った。
こいつは大きい。

相手はリーグ優勝したことで、この大会にかけるモチベーションが薄かったのかもしれない。
また、アラウージョが既に帰国、大黒のケガと、前線での大駒2枚を欠いた。
でも、そんなことウチには関係なし。
この試合はウチが勝った、という事実しか残らない。
で、その事実こそが今のウチには必要だったりする。

移籍を明言しているファビーニョ、最後の長居での勇姿。
3点目となるゴールの素晴らしさ。
得点の起点となったジョンの鬼気迫るプレイ。
モリシの、この大会、この試合にかける意気込みが見てとれる先制点。
なにもかもが、相手を上回っていた(後半の後半は除く)。
素晴らしい。

ホントに今年の、このチームは素晴らしく、週末が楽しみで仕方がなかった。
もう来年は見れなくなるんだな、と思うと・・・。
もちろん、コバさんの手腕で、来年は来年で、また素晴らしいチームを作ってくれるだろうけれども。

と、ここまで書いて、アレなんですが。
オイラ、この試合、見に行ってません。
ビデオで翌日、見ました。
じゃあ、その試合の時間、なにやってたかってーと。
映画館で「Mr.&Mrs. スミス」見てました。
えーとですね、言い訳しますと、見に行く気はマンマンだったわけですよ、前日までは。
チケットも買ってました。
でもね、前日の夜、前々から、ダメ元で誘ってた人からOKの電話があったわけですよ。
クリスマスイブっすよ。
どーすりゃいいのよ。
反省してます。
心は長居に・・・、って言い切れない自分がいたりします。

って、オイラは誰に言い訳してるんっすかね?
ファビ、ゴメンよ。

次のセミファイナルこそ、とは思ってますんで、ハイ。
それよか、決勝のチケ、手に入るんだろーか。
[PR]
by ian-70 | 2005-12-26 09:56 | セレッソ
<< 05年の終わり 堪えるねえ >>