MVP
リーグ戦も終了したことだし、ウチのMVPを選出でもしようかな、と。
ま、お遊びですんで。

まず、新人王。
当然のように前田。
オマケに敢闘賞までつけちゃおう。
練習生から契約にこぎつけ、その後レギュラー定着、堅守の一翼を担った。
これに異議を唱える人はあんまりいないんじゃないのかな。
テクニックがないみたいなことを言う人がたまにいるけれど、テクニックなしでマルケスだのワシントンだのを抑えられると思う?
江添はケガが気の毒だったなあ。
藤本も、プレッシャーのかかる最終盤によくやってくれたと思うよ。

えー、技能賞。
駆動&柳のベテラン2名受賞。
駆動の今年の覚醒ぶりは驚いた。
テクニックに定評はあったものの波が大きく、またボランチというポジションで割を食ってた面があった。
右サイドに固定され、またライバルと思われた広山の加入もあってか、目覚しい活躍。
スピードとかパワーでは多少見劣りするかもしれないが、いやらしいプレーをさせたら天下一品。
モリシとのコンビネーションは素晴らしいの一言。
柳。
シーズン当初はサブだったような記憶があるが、持ち前のスピードを活かしてレギュラー復帰。
スピードだけでなく、老練なテクニックで確実に、相手FWを押さえ込む場面多数。
ベテランらしい落ち着いたプレーで、安心感があった。

勝利の女神賞。
柳嫁。
言うことなし。
セレッソは専属契約結んでも良いのでは。

殊勲賞。
GMニシムー。
チームの方向性を考えつつ、補強を見事に成し遂げた。
それだけでなく下部組織や営業面まで、かなりの部分をこの方に負っていたんじゃないだろーか。
来季もお願いします。
特にファビの残留は頼みます。

最優秀監督賞。
コバさん。
ま、トップの監督は一人なんだから当然っちゃ当然なんだが。
そーゆーことを抜きにしても、その手腕は高く評価されるべき。
ザルといわれたセレッソの守備を、各種メディアで堅守とまで言わしめた。
昨年降格の危機にあったチームを今年優勝争いに加わらせた。
他の上位チーム監督は数年かけて今のチームを作り上げたのに対し、コバさんは昨年の途中から指揮を執ったとはいえ、今のチームは実質のところ1年で作った。
結果(西野やオシム)やインパクト(シャムスカ)では劣るかもしれないが、なんら恥じることはない。
まだ監督としては若いし、これからも伸びる要素はある。
来年もよろしく。

ベストマッチ。
個人的に生観戦したものに限りますが。
8月20日の19節、対清水戦。
ロスタイムに古橋の体を投げ出したヘッドで同点に追いつくという。
ああ、こんな試合が出来るようになったのだな、と。
負けなしの記録の始まりだったんですな。
ちなみに次点は4月28日の広島戦。
この日のスタの雰囲気は、ホントに良かった。

つーことで、MVPは・・・・。
ブルーノ・クアドロスに決定。
リーグ戦34試合中33試合に出場。
ピンチを未然に防ぐボールカット、チャンスと見れば猛然と駆け上がる。
プレーだけでなくリーダーシップもある。
ウチに欠けていたピース。
見事にハマった。
それだけ存在が大きかっただけに、最終節の出場停止が惜しいかったなあ。

イロイロ書いてみたけれど。
じゃあ、ジョンは?モリシは?是は?ファビは?トミーは?古橋は?吉田は?ということになっちゃう。
確実に言えるのは、オイラは今年のチームがすっげー好きだったってこと。
ホントに、ありがとう、と言いたい。
来年もこのチーム+αでやろうぜ。

その前に天皇杯だな。
[PR]
by ian-70 | 2005-12-06 17:10 | セレッソ
<< アウォーズ バキ >>