大分戦
開始早々、大分のシュートがポストにはじかれたのを見て、
「今日は運があるかも」と思った。

実際のところ運はあったのだが、それは「負けなかった」という結果に反映されたわけだ。
ホントに吉田がポスト&バーの使い手に成長するとは思わなかった。

失点は仕方がない、って訳でもないんだけれど。
つか、後半あんだけ攻められっぱなしじゃ、失点もするっちゅーの。
よく1失点で済んだもんだ、と。

川崎もいいチームだとは思ったけれど、ジュニーニョであったりアウグストであったり、個々が脅威であった。
大分はチームそのものが脅威であった。
勢いのあるチームは違うっす。
そーゆーチーム相手に引き分けまで持ち込んだんだから、ウチもたいしたモンだ。

得点シーンは、お見事。
ファビのシュートは上手かったけれど、ジョンの華麗なスルー?もよかった。

やっぱり緊張してたのか、一歩が遅れてた。
藤本もよくやってたとは思う。
是の不調が想定外。
駆動もピリッとしなかったし。
吉田の、マグノ挑発シーンは笑ってしまいました。

後半はほとんどセカンドボール拾えず。
交代策で活性化して欲しかったところではあったが、難しかったんだろーな、と。
完全にカウンター狙い一本に絞ってしまうという手もあったと思うのだが、そん時に有効なコケがベンチに入っていなかった。
宮原をキープ役として投入、あるいはジョンに対するプレッシャーを半減させる意味で黒部を投入、って考えがあっても良かったとは思うが、じゃあ誰を交代させるかとなると、難しい。
コバさんも悩んだだろーなあ。

1位3位4位が敗れた。
この試合に勝っていれば首位に踊り出ていたわけであるのだが。
なかなか、そう簡単にはいかねーもんだ。

とはいうものの、内容では完敗に等しい試合を引き分けに持ち込めたのは大きい。
勝ち点では首位に並ぶ。
ただ、得失点差でかなり差がある以上、勝ち点で上にいかねーとどーしようもない。
次節、最低でも引き分け以上でないと、事実上終戦の可能性もある。

つーことで、土曜は横浜へ。
旧横酷、現日産スタって初めてなんっすよ。
晴れるといいなあ。

ウチのやるべきことを教えられた試合。
この教訓を生かせるチームだとオイラは信じてる是。
[PR]
by ian-70 | 2005-11-24 09:06 | セレッソ
<< それでも首位は首位 VS横浜 大分戦前日 >>