トラバ返し
與野レッズBlogさまが、オイラなんぞにトラバって下さいましたんで、少し反応を。

>「修正する術」ではなく「打開する策」を、はっきりとは持ち合わせていないところは、当たっています。

そうですね、言葉が浮かんでこなかったんで、ああいう表現しちゃったんですが。
打開策が、(少なくともあの試合では)見当たらなかった。
ウチにとっては、ものすごくラッキー。
デカいFWを前に置いておくだけでかなり違うだろうにと、ポストプレーヤーありきのチームサポとしては思って見てました。
このへんは、浦和というチームのサッカースタイルに関することなので、他サポのオイラが口出しすることではないでしょうが。

>引いて守ってスペースを消してという古典的な対浦和戦術が、ラッキーな先制点で最大限の効果を引き出したというところでしょうか。

「引いて守ってスペースを消して」+「徹底したサイド経由のカウンター」というのは、今シーズンのウチの基本スタイルで、特別に対浦和ということではありません。
この試合では、結果的にハマリまくってましたが。

あと、ウチのサポが少ないのはねえ。
こんだけマスコミが阪神一色だと、どう手をつけたらいいのかわからないってのが実情。
つーか、どーやったらレッズサポみたくなれるのか、教えて欲しいっす。
いや、マジで。

たくさんのご来訪、ありがとうございました。
大阪人でないオイラが言うのもなんですが、粉モノはとんでもなくウマいところがありますので、時間がありましたら巡るのも一興かと。
来シーズンこそは、さいスタ(駒場かも)に参上したいと思っておりまするので、その節は一つよろしく。
[PR]
by ian-70 | 2005-10-04 10:27 | セレッソ
<< トミー離脱 これで3位になったのだ >>