人気ブログランキング |
タイムスリップ
「タイムスリップ森鷗外」の続編?、「タイムスリップ明治維新」「タイムスリップ釈迦如来」を読む。
いやー、リーダビリティに優れてる?のか、サクサク読めちゃう。
あ、狭義のミステリではないので、そういうのを期待しちゃダメ。

「タイムスリップ明治維新」。
ヒストロームという考え方を導入したのは、ちょっと面白かった。
森の石松って、当初はもっと重要な人物として設定されてたと思うけど、後半はまったく存在感なし。
剣崎薔薇之介も、なんでうららが好きなのか、全くわからないまま。
話の展開が都合良過ぎるのはいいのだけれど、なんか全体として勿体ない。

「タイムスリップ釈迦如来」
えー、あれだろ、「マツケンサンバ」で思い付いたんだろ。
それで、釈迦とソクラテスを登場させるにはタイムスリップを使うしかない。
でも、うららには仏教とか歴史の素養がないから、知ってるという設定の人物を新しく登場させた、と。
つーか、この話でうららの存在感、ほとんどねーし。
オーラスで爆笑どころか失笑、脱力しちゃったんですけど。

ホントに、時間を潰すのにはもってこい。
後にはなんにも残らないけど。
この作者だったら、このシリーズいくらでも書けるだろ。

個人的にうららより三須七海の方が気になったりしてるんだけど。
「すべての~」にもチョイ役で登場してたし。
七海主役で一本書いてくんねーかな。
by ian-70 | 2005-05-16 11:03 | 小説
<< ドキッ!!女性だらけの 大阪ダービー >>