これで3位になったのだ
つーことで浦和戦。
1時間前に長居到着。
最近、スタジアム入りが早くなったオイラ。
すでに、結構な入り。
さすが、と言うべきか、アウェイゴール裏は赤い壁。

試合。
スタメンは、いつもの通りなので省略。
試合開始直後は押し込まれるものの。
攻めに転じたカルロスのシュートが相手に当り、浮いたボールをモリシがヘッド。
ループ気味のシュートに相手GK届かず、ゴール。
うっしゃあ。
これでいつもの落ち着きを取り戻すセレッソに対し、攻勢を掛けようとする浦和。
と、言いたいところだけれど。
浦和、ウチの研究とか対策とか、全然考えてなかったろ。
これから、ウチのゲームプラン通りに試合は進む。
前線からのチェック、中盤での潰し、DFラインでのボールカット。
ポンテはトミーのチェックに、相当イラだってたな。
それに対して、ウチはカウンターが冴え渡る。
何度かゴール、というシーンもあったのだが、なかなか決まらない。
こんだけ決まらないと、ちょっとヤだな、と思っていると、ペナルティエリアのライン付近で相手を倒しFKを与えてしまう。
(多分)山田が猛烈に抗議するものの、ジャッジは変わらずFKのまま。
外せ~、外せ~、と念じたのが通じ(?)、なんとか外れて前半終了。

後半。
浦和がどう修正してくるか、と思っていたけれど。
こっちから見た限り、なにか手を施してきたとは思えず、要するに前半と変わりなし。
よほど自分たちに自信があるのか、ウチを舐めてたのか。
ま、ウチとしては全然好都合。
モリシからのパスにスーペル・ファビーニョのミドルが決まる。
おおう。
ファビがバックスタンドの客を煽る煽る。
彼は非常に誠実なんだけど、同時に非常に熱いんだよなあ。
そのすぐ後に、再び浦和ゴールを襲うセレッソ。
古橋シュートを都築がはじく。
それをジョンがシュート、これまた都築がはじく。
これを古橋が相手DFと競りながらも頭でネジ込みゴーール。
ゴール裏で叫ぶ古橋に駆け寄る選手たち。
カルロスの歓喜のダンスも見れちゃった。
この後に選手交代があったのだが、これが後々響くことに。
慎重なコバさんが後半の半分でモリシとジョンの2枚代え。
すでにイエロー貰っていたし、この試合のレフェリングでは2枚目の可能性もあった。
現地で見ていた分では、そんなに間違いではなかったと。
交代で入った黒部にしても、宮原にしても、それまでの流れを壊すことなく入れたと思うし。
もう一つ、ファビに代えて徳さんin。
1失点するものの、なんとか凌げるかと思っていた矢先。
トミーに対する悪質なファウル。
「テメー、ヌッ頃すぞ」と叫ぶオイラ。
試合そっちのけでトミーの治療の様子を見てた。
なんとかピッチに入るものの、立っているだけでもツラそうな。
結果的に早めの交代策が裏目ということに。
そこからセレッソ、キープに入る。
キープと言えば、かつてのノさんの鬼キープを思い出すのだが、この日のキープも鬼気迫るものがあった。
トミーのことを考えて、徳さんや宮原、カルロスがコーナー付近でキープ、キープ、キープ。
ロスタイムを凌ぎきって、これで5連勝。
大盛り上がりのホームゴール裏&バックスタンド。
対照的に静まり返るアウェイ側。

まさに完勝。
相手がやりたいことを全くさせなかったし、こっちのやりたいようにやれた。
チェイシング、プレス、カバーリング、と言うことナシ。
ボランチ勝負でも圧勝。
サイドも、相手にほぼ仕事をさせず、こっちは再三攻め上がる。
MVPは、うーん、モリシかな。
ま、総じて評価は高いっす(当たり前か)。

浦和について。
サポは相変わらず、すごいっすねえ。
新大阪駅で、赤い人の群れが黄色いタイガース土産を買ってるシーンはなんかシュールでした。
そんくらいっすかね。
選手では、田中が前線で孤軍奮闘してたか。
つか、ホントに一人だけ、でしたな。
あとは、GKの都築が3失点目したときに、むちゃくちゃクヤしがってたのが印象に残ってるな。
ポンテや永井には全く仕事をさせず。
三都主に至っては、私の後ろに座ってたカップルに「えー、いたの?」と言われる始末。
浦和がほとんど修正せずに後半を迎えたのは、自信があるとか、ナメてるとかではなく、ただ単に修正する術がなかったのではないのか、と。
それは選手の問題かもしれないし、監督の問題かもしれないけど、よくわからん。

審判。
評判がいいって聞いてたけれど、この試合に関する限り、ク×審判。

ホントはもっともっとホヤホヤしてたいけれど。
トミーのケガがなあ。
とにかく軽いものであってほしい。
ラッキーなことに、1週ゲームが空く。
ファビや駆動はしっかり直してくれい。
トミーはムリしないでくれ。

3位。
先のことを考えても仕方がない。
次の試合を勝つだけだ是。
[PR]
by ian-70 | 2005-10-03 14:04 | セレッソ
<< トラバ返し 風に吹かれて(by エレファン... >>